目次
[1]チーム一丸となり今年こそ甲子園へ
[2]長くて熱い最高の夏を!
[3]人物的向上が競技力向上に

チーム一丸となり今年こそ甲子園へ

■2006夏以来の甲子園へ
 福島県西白河郡矢吹町にある光南高校。福島県内で総合学科が設置された初めての高校として1996年に設立。運動部に加え、チアリーダー・応援部やシンセサイザー部などの文化部の活動も盛んである。野球部は2006年夏に甲子園初出場。昨夏は福島県大会で決勝進出を果たすなど、東北大会にもしばしば出場。そしてOBでは埼玉西武の佐藤 勇投手が活躍を見せている。

■チームのウリは雰囲気の良さ!
 光南野球部は現在、1年生23名・2年生21名・3年生14名の計58名。より質の高い練習を行うため、大信球場を借りて日々練習に励んでいる。このチームのウリは「真面目で、雰囲気が良く、まとまりがある」こと。鈴木 拓実主将は「つらいトレーニングでも、下を向かずに励まし合うことができます」とチーム力をアピールした。

■秋季大会で見つかった課題
 チーム当初は、野球をしているのかがわからないくらい下手だったという。秋の県大会では1回戦で安積に敗戦。守備からのリズムが作れずに、ペースを握れなかった。しかし、日々の練習のおかげで「少しずつ成長することができた」と鈴木主将は語る。にはベスト8進出を果たし、夏に向けて着実にステップアップをしている。

■夏のキーマンに挙げたのはこの選手!
 鈴木主将は、この夏のキーマンになるであろう選手に松本 京志郎石井 諒を指名。「松本はチャンスで打ってくれますし、石井は昨チームからのエース。安定感のある投球をしてくれます」と全幅の信頼を寄せている。また甲子園級のメンタルを持つ、橋本 拓也選手を「誰も予想できない活躍をしてくれる」と評し、流れを持ってくるプレーを期待しているそうだ。

■絶対に負けない
 最後の夏に向け、光南は守備をテーマに練習に励んでいる。「絶対に負けない夏にしたい」と力強い言葉を口にした、鈴木主将。今年こそは甲子園。夏に向けて光南は今日も練習に励む。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。