第14回 週刊せり高校野球『日本中の高校野球ファンを感動させた親友対決を回顧!』2017年06月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]野球が繋ぐ友情。高校野球にはこんな感動もある!
[2]果たされた約束。親友バッテリー、甲子園での再会

果たされた約束。親友バッテリー、甲子園での再会



左から上野 翔太郎(中京大中京)鈴木 大智(関東一)

2015年夏。第97回全国高等学校野球選手権大会3回戦第2試合。
中京大中京vs関東一
この試合で実現した親友対決を覚えていらっしゃる高校野球ファンの方も多いのではないでしょうか?

中京大中京のエース、上野 翔太郎選手(現・駒沢大)。
関東一の正捕手、鈴木 大智選手(現・駒沢大)。

この2人は小学6年生の時に初めてバッテリーを組み、一緒に野球がしたいと中学生の時は共に愛知西シニアへ入りました。
高校は離れ離れになることになり、その時に約束した「甲子園で会おう」――。
約束がこの試合で本当に実現されたのです!
当時、上野選手の「運命じゃないか」というコメントがとても印象的でしたね。
そして、この試合を甲子園のスタンドから観ていたのですが、7回裏の2人の攻防は今でも忘れられません。
0対0で迎えた7回裏、関東一の攻撃。二死一、三塁のチャンスで打席に立ったのは鈴木選手。
マウンドには上野選手。
「打つ」という強い気持ちと「抑える」という気迫がスタンドまで伝わってきます。
何より印象的だったのが2人の笑顔!
緊張感漂う中、勝負を楽しんでいるようにも見えました。
その真剣勝負に観衆が惹きこまれていく中、迎えた12球目。
上野選手の渾身のストレートが鈴木選手を三振に抑えます!
あの時の観衆の盛り上がりは本当に凄かったです!
上野選手の雄たけび、大歓声、色んな声が甲子園に響き渡りました。

そして、感動の場面は試合後にも訪れます。
関東一・長嶋選手のサヨナラ本塁打というこれまた劇的な幕切れとなった試合後の整列。
両チームの選手が握手を交わす中、上野選手から鈴木選手の元へ向かい熱い握手を交わします。
その後に鈴木選手が上野選手の背中をポンと叩いたのです。
ほんの一瞬の出来事でしたが、私はこの場面がとても印象的で、2人がどんな気持ちで握手を交わしたのか、なんて考えていると胸の中で熱いものがこみ上げてきました。
この場面を見たからこそ、試合後の2人の「楽しかったね」という言葉、
鈴木選手の「今までの三振で一番気持ちよかった」という言葉と上野選手が鈴木選手に言った「ありがとう」が心に響いてきたんです!

ほんの一部の高校球児しか立つことのできない甲子園という舞台。
互いに夏の予選を勝ち上がり、抽選を経て、甲子園で対戦する――。
奇跡のようなことですが、この奇跡は決して偶然ではないですよね。
選手、チームの努力は勿論ですが、その裏にはライバルに負けたくない、約束を果たすんだという強い気持ちもあったのではないでしょうか!

球場で選手の姿を観ていると、ふとした瞬間でこの2人はいいライバル関係なんだなと気付いたり、選手名簿で同じチームメイトだったことを知っておくと、もっと深く高校野球を楽しめたりします。
次回の後編では、私がこれまで観戦してきた中で見つけた、注目してほしいライバルたちをご紹介したいと思います!
こんな観戦の楽しみ方もあるんだな、というお気持ちで読んでみて頂けたら嬉しいです。
それでは、また次回お会いしましょう!

(文=芹 玲那)

オススメ!
2017年度春季大会特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1137回 ノーステップ打法で打撃開花。世代トップクラスのショート・中山礼都(中京大中京)は選抜の活躍で夢叶える 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1134回 中京大中京が誇る鉄壁の二遊間「ナカナカコンビ」中山礼都×中嶌優の決意! 【2020年インタビュー】
第19回 岡崎学園(愛知県) チーム、個人ともにレベルアップで中京大中京にリベンジ!【冬が僕らを強くする2020】
第18回 津商業(三重県) 「打倒中京大中京」を掲げ冬を越す!【冬が僕らを強くする2020】
第1121回 公式通算11本塁打の恐怖の核弾頭・西村友哉(中京大中京)の能力を引き出したロングティー 【2020年インタビュー】
第1013回 公式戦14本塁打の強打を築いた中京大中京のロングティー。そして質の高い日々の積み重ねが圧倒した実力を身につける【後編】【野球部訪問】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
中京大中京vs健大高崎【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
中京大中京vs県立岐阜商【2019年秋の大会 第72回秋季東海地区高等学校野球大会】
中京大中京vs藤枝明誠【2019年秋の大会 第72回秋季東海地区高等学校野球大会】
上野 翔太郎(中京大中京) 【選手名鑑】
鈴木 大智(関東一) 【選手名鑑】
関東一 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】

プロフィール

芹 玲那
芹 玲那(せり・れいな)
  • バトルスタディーズ×高校野球ドットコム
    「強い者にはワケがある」キャンペーン公式レポーター。
    2006年夏の甲子園決勝(早稲田実業-駒大苫小牧)を観て、チームの勝利のために奮闘する球児の姿、全力でプレーしているからこそ生まれるドラマに心を奪われ、高校野球にのめり込む。春夏の甲子園、関東を中心に春季~秋季大会、明治神宮大会と年間通して球場で高校野球観戦。
    スコアブックに試合やチームの特色を記録し、成長の過程を見ていくことを生きがいとしている。
    また、高校野球ファンの方が集える場所を作りたいとイベント「高校野球ファン交流部」を主催。
    昨年、夏の甲子園やドラフト関連の記事を「高校野球ドットコム」で執筆する中で、「高校野球を広く世の中に伝えたい」と、女優から転身を決めた。
    今後は「高校野球レポーター」として、球児たちの頑張りを様々な形で伝えていく。
    ・公式ツイッター@seri_reina
    オフィシャルブログ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム