目次

[1]野球が繋ぐ友情。高校野球にはこんな感動もある!
[2]果たされた約束。親友バッテリー、甲子園での再会

皆さん、こんにちは!『バトルスタディーズ』×高校野球ドットコム「強い者にはワケがあるキャンペーン」公式レポーターの芹 玲那です。

ついに沖縄県では全国に先駆けて夏の大会が始まり、各地で夏の予選の組み合わせ抽選会も行われていますね!皆さまはどこの球場で球児たちに声援を送る予定でしょうか?

さて、週刊せり高校野球第10回となる今回は、私が昨年『バトルスタディーズ』コラボレポートで追いかけた“ライバル対決”についてピックアップしてみたいと思います!

野球が繋ぐ友情。高校野球にはこんな感動もある!

「甲子園で会おう」

一体どのくらいの球児たちがこの言葉を口にするのでしょうか。
そして、この“約束”が球児たちに齎すパワーはどれだけ大きなものなのでしょうか――。

聖地甲子園を目指し、日々奮闘する球児たち。
全力だからこそ毎年多くの感動が生まれますよね。
ふと最近これまでの観戦を振り返っていると、とあることに気がついたんです。
私が今まで一番多く感動した場面はどこなのか。
それは、
「試合後の整列のとき」
でした。
その中でも特に心に響くのは、互いに力を認め合っている“ライバル”同士の握手。
笑顔で互いの健闘を称え合ったり、負けた悔しさを抑えて「頑張れよ」と声をかけたり――。
ほんのわずかな時間ですが、その姿からは逞しさだったり、野球が繋いだ友情であったり、私は様々なものを感じます。
そして、そんな熱い握手を交わせる人と出会えたことを羨ましく、また、そんな出会いを生む野球は本当に素晴らしいと思うのです!
だからこそこの週刊せり高校野球で、“ライバル対決から見る高校野球の魅力”をお伝えしたいと思いました。

まず過去にあったエピソードをご紹介します!