目次

[1]夏の暑さにも負けない基礎体力作りを最も重視
[2]西岡虎太郎の打撃センスはチームナンバー1


 8月15日に開幕するジャイアンツカップ2022。中学硬式ナンバーワンを決める球児にとって憧れの舞台であるが、チームとして2度目の出場となるのがヤンキース岡山(ヤング・岡山県)だ。チームの発足は2011年、今年で創立11年と歴史はまだまだ浅いが、ヤングリーグではすでに2度の全国優勝の出場実績を持つ。また、野茂英雄氏が主催する代表チーム・JUNIOR ALL JAPAN(NOMO JAPAN)には、過去3名の選手が選出されるなどハイペースな成長を続けている。

 近年のOBでは、大阪桐蔭出身の明治大・加藤 巧也内野手(2年)が甲子園交流試合に出場。昨年は三垣 飛馬内野手がレギュラーとして智辯学園(奈良)の甲子園準優勝に貢献した。現役の高校球児も、花咲徳栄(埼玉)や神戸国際大附(兵庫)といった全国屈指の強豪校にも選手が在籍するなど、ジャイアンツカップでも躍進が期待されている。

夏の暑さにも負けない基礎体力作りを最も重視


「岡山の野球を盛り上げたい」と、木田憲治監督は2011年にチームを立ち上げた。ホームグラウンドはないため、県内の球場を複数借りながら活動しており、移動のためにチームのバスを2台保有。現在は3学年で45名の選手が在籍し、高いレベルで経験を積みたいと腕に覚えのある選手が集まるようになったという。

「はじめは部員も少ない時期もありましたが、現在は1学年14、15人くらいでチーム作りをしています。これくらいの人数だと、3年生と2年生でバランス良くチームを作っていけるかなと」

 設立以来、木田監督は高校野球で通用する選手を輩出することを目指してきた。速い球を投げること、遠くに打球を飛ばすこと、足が速いこと、高校で求められる要素は多くあるが、木田監督が一番に重視するのは基礎体力作りだ。

 言い換えるなら、「練習をするための練習」と言える。練習に耐える体力、夏の暑さに耐える体力作りを1年通して行っており、シーズン中でも練習で走り込みは欠かさずに行う。木田監督は走り込みを否定する昨今の風潮にも理解を示しつつ、走り込みのメニューにもこだわりを口にする。

「走り込みといっても長い距離を走るのではなく、うちは瞬発系を多く入れています。特に夏場は練習でもバテてしまいますし、試合も連戦となります。とにかく暑さでバテることがないようにしたいですし、それが高校での厳しい練習に耐えることにも繋がります。他のチームより走る量は多いと思いますが、そこは自信を持ってやっています」