東京都葛飾区の区立水元中学校軟式野球部は、2001年創部とまだ歴史は浅い。それでもこの夏、創部以来初めて全国中学校 軟式野球大会に出場。近年着々と実力をつけているチームだ。主なOBには、今年春夏連続で甲子園出場を果たした専大松戸石井 詠己主将や、中央学院大でルーキーながら投手陣の一角を担い、明治神宮大会初優勝へ牽引した清水 一眞共栄学園)など実力のある選手を多く輩出している。今回はそんな水元中野球部の強さに迫っていく。

「30年以上見てトップクラス」だった逢坂のキャプテンシー


 水元中がある葛飾区には修徳中があり、隣の江戸川区には上一色中と、中学軟式野球部の強豪がいて、近隣チームのレベルも高い「野球が盛んな地域」に所在している。同校を率いるのは兼子典行監督。高校時代は軟式野球部、大学時代はソフトボール部でプレーしていた。水元中軟式野球部に入部してくる選手は、「基本、地元の子たちですね。水元地区や金町地区の子たちが来てくれています」と話す。今年の顔とも言える身長182センチの長身左腕・八津 快洋投手や、主将の逢坂 拓未外野手も、地元のチームから入部を決めた。

 今年のチームについては「キャプテンの逢坂を中心に仲が良くて、チームワークがいいチームでした。もちろん力もありましたが、特別な子たちではないので、練習して練習して、作り上げたチームです」と兼子監督は説明する。さらにチーム1のムードメーカー・糸数丈治選手は「悪いことがあったら、それに対してズバッと言って、他人に対して怒れるチームです。それ以外にも基本的なことをしっかりとやるチームです」と力強く答えた。仲が良いだけでなく、隙を見せないチームになったのは主将を務めた逢坂の存在が大きかった。

 逢坂主将については、兼子監督はこのように評価している。「もちろんバッターとしての力はありました。あの子の1番はキャプテンシーです。チームをまとめる能力が今まで見てきた中でも、30年以上みていますがトップクラスです」。打線でもクリーンアップを務め、関東大会ではチームトップの打率.400を記録し、全中出場に貢献した。181センチ・84キロと、すでにがっちりした体格で、高校野球の舞台でも活躍が期待される選手のひとりだ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。