第115回 創部43年の歴史を持つ上尾シニア。魅力は均等な出場機会から生まれる選手の自主性2020年12月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 埼玉県上尾市の平方スポーツ広場で練習を行う上尾シニア。1977年に発足して今年で43年目の長い歴史があるチームで、2年生25名、1年20名の計45名で活動し引退した3年生も27名が在籍していた。

 リトルシニア全国選抜大会では3位の成績を2度残すなど実績もあるが、その指導方針はどういったものなのか。チームを率いる溝口勝久監督にお話を伺い、また前チームで主将を務めた3年生の北島 蒼大選手にもチームを紹介していただいた。

試合出場の機会は均等、スタッフ間で「レギュラー」の言葉は禁句



ティーバッティングを行う上尾シニアの選手たち

 溝口監督はチームの指導者となり18年、監督に就任して今年で9年目になる。

 就任当初から一貫して行っているのが、試合では勝ち負けにこだわらずにたくさんの選手を試合で起用することだ。多感な時期の選手たちに不公平感を持たせないことももちろんだが、どの選手もしっかりと育成して野球を好きなまま卒業して欲しいという思いが根底にある。

 練習機会や試合への出場機会は可能な限り均等になるように心掛けており、指導するスタッフ間で「レギュラー」の言葉は禁句。選手には常に競争の意識を持たせており、チャンスを掴み取る意識を植え付けているのだ。

 「評価するのは自分じゃないよ、評価するのは他人だから評価されるような選手になりなさいと指導しています。自分で自分を評価しても何のプラスにもならないですし、そこは親子様にも方針をお伝えしています。

 私は公式戦であっても試合にはなるべく多くの選手を出します。だからいつもネット裏でスコアブックをつける方は、僕の試合を担当したくないと言うんですよ。選手交代が多いから書くのが大変なので」

 また出場機会を多く与えることは、自主性を育むことに繋がっている。

 普段から選手交代を頻繁に行っていると、先発メンバーでない選手でも「チャンスが回ってくるかもしれない」と自主的に準備を始めるというのだ。そうした伝統がチームに根付くと自然とチーム内競争も激しくなり、実力を一気に伸ばす選手も多くなる。自分のことを主力と思っている選手にも焦りが生まれてくるのだ。

 「チャンスが回ってくるとの選手たちもわかっているので、いきなり呼んで代打や守備交代と言っても驚きません。入団した選手には、まず一番最初にそのことを言ってるんです。俺はいつ声かけるか分からないから常に準備していなさいと」

【次のページ】 溝口監督の指導に惹かれて上尾シニアに入団した北島 蒼大選手

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第168回 なぜ県8強・神戸弘陵(兵庫)はライバル・報徳学園にリベンジ出来たのか【後編】【野球部訪問】
第167回 報徳学園に勝つために神戸弘陵(兵庫)が始めた日本一の下克上【前編】【野球部訪問】
第168回 緊急事態宣言で練習時間の影響は必至。90分で11メニューをこなす都立小山台から学べること【野球部訪問】
第167回 元プロが率いる鹿児島城西(鹿児島)が2度目の甲子園のために直面する課題【野球部訪問】
第127回 10点勝負の超乱打戦で郡山(奈良)は県の頂点を目指す【後編】【野球部訪問】
第1283回 投では最速142キロ、打では12本塁打のスーパー中学生・ハッブス大起(上尾シニア)の最大の武器は「陸上選手のようなバネの強さ」 【2020年インタビュー】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム