第40回 テニスボールやラケットを使用。軟式野球の強豪・門真ビッグドリームスが他には無いひと味違った練習に取り組む理由2020年11月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]少年野球の距離でノックを行う理由
[2]中学生は体の成長を待ってあげることが大事


 近年、軟式野球に大きな注目が集まっている。

 2018年に高知中だった森木 大智が中学最速となる150キロを記録し、また今年のプロ野球開幕投手は12人中11人が軟式出身であるなど、将来性に期待が持てるデータもあるためだ。

 関西地区の軟式野球で大きな存在感を見せているのが、大阪府門真市で活動する門真ビッグドリームスだ。
2004年2月に設立され、これまで5度の全国大会出場の実績を持つ。現在は計64名の部員で活動しており、昨年は上加世田 頼希投手、渡辺 優斗選手(共に敦賀気比)の2名がU-15日本代表に選出された。

 そんな門真ビッグドリームスの練習は、普段から選手の成長を第一に考えたものであった。

少年野球の距離でノックを行う理由



ノックバットを握る橋口和博監督

 京阪本線の古川橋駅から徒歩5分、門真ビッグドリームスは旧門真第六中学校グランドで練習を行っている。
チームを率いる橋口和博監督は、まだ体が出来上がっていない選手たちを指導するにあたり、独自の指導方法でこれまで選手たちを育ててきた。

 その指導法はキャッチボールの前からいきなり始まる。
選手たちは野球ボールではなくテニスボールを手に取ると、始めたのは何とお手玉。
その後も、二人一組でテニスボールを投げあったり、テニスボールを積み上げる練習など、一見野球とは関係のないような練習が続いていく。

 この練習の意図を、山下 天虎主将は「ハンドリングと集中力を鍛えるためにやっています」と説明し、集中力を高めるために試合前にも行っていることを明かす。

 そして、いざキャッチボールが始まっても、ただ普通のキャッチボールを行う訳ではない。
実際の守備の動きを想定した実践的なキャッチボールを行う。

 バックステップを入れたスローやタッチプレーに特化したキャッチボール、また握り替えや中継プレーを意識したキャッチボールなど、その種類は10種類以上。

 あくまで試合を想定した練習を行っているのだ。

 そして門真ビッグドリームスの練習の中で最も特徴的なのが、ノックでは少年野球の距離でシートノックを行っていることだ。

 一見、肩力を鍛える機会を無くしているようにも思えるが、もちろんここにも理由がある。

 橋口監督は、怪我の防止とた正しい送球フォーム固めの二つを目的に挙げ、少年野球の距離を取り入れることの有効性を語る。

 「故障者も少ないですし、投げ方も正しい形を作って、そこに力がついていけばという考え方です。
特に1年生は入ってきてすぐに中学の距離になると、強いボールを投げたいばかりにフォームが無理な形になっていきます。中学2年生の夏から秋にかけて、通常の距離で投げさせるとしっかり投げれるようになるなと感じています」

【次のページ】 中学生は体の成長を待ってあげることが大事

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第167回 森木大智だけじゃない!12人の四国の高校野球を盛り上げる好投手たち【高校野球コラム】
第1028回 3年ぶり「高卒ドラフト指名」に期待!四国地区高校野球・2021年を占う【大会展望・総括コラム】
第1298回 151キロ右腕・森木大智(高知)「波瀾万丈」の2020から「限界突破」の2021へ 【2021年インタビュー】
第30回 強豪校の練習映像多数!これまで視聴された高校野球ドットコムYouTube人気ランキングTOP10【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1028回 大学生、社会人の奮闘に「令和版・四国スタイル」。2020年の四国地区高校野球を振り返る【大会展望・総括コラム】
第162回 交流試合の躍進に馬淵監督が語った「生き方」 四国地区高校野球・2020年の3大ニュース【高校野球コラム】
第1145回 最速150キロ右腕・森木 大智(高知2年)「波瀾万丈」の1年を経て熟成の時へ! 【2020年インタビュー】
第1096回 もう一人の規格外の逸材・関戸康介が明徳義塾中、大阪桐蔭でプレーする理由【前編】 【2019年インタビュー】
第956回 刺激を受けて、子供たちに刺激を与える選手に 森木大智(高知)【後編】 【2019年インタビュー】
第953回 課題を見つけて、成長するスーパールーキー・森木大智(高知)【前編】 【2019年インタビュー】
上加世田 頼希(敦賀気比) 【選手名鑑】
森木 大智(高知) 【選手名鑑】
渡辺 優斗(敦賀気比) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム