目次

[1]中学時代から能力の高かった井上、池田。そして卒業後に成長した宮川投手
[2]指導者が真剣に向き合って、男としての基礎を植え付ける

指導者が真剣に向き合って、男としての基礎を植え付ける



生駒ボーイズの試合の様子

 各地で活躍を見せる多くのOBたちを、「我が子のように接してきた子ばかり。我々は子供たちと真剣に向き合っているので、プロに行くのももちろん嬉しいですし、大学や社会人でも一生懸命野球を続けてくれるのは喜び以外なにものでもないです」と口にする石田総監督。

 だが彼らの活躍の土台となったのは、生駒ボーイズでの3年間であるといっても過言ではないだろう。これほど多くのOBが活躍を見せる秘訣は一体どこにあるのか。
 石田総監督は、「うちは小学生をスカウトしたり、セレクションなどは行っていない」と前置きした上で、チームの指導方針を次のように語る。

 「我々大人が、中学生が相手であっても真剣に取り組んでいます。
 真剣ですので目を見てしっかりと叱りますし、フライを上げて走らないとか当たり前のことを当たり前にできない時には、しっかりと厳しく指導しているつもりです。

 中学生は、野球を通してこれから成長していく一番多感な時期だと思います。男としての基礎を植え付けるべく、野球を通して指導しております」

 取材に伺った際にも、選手たちは足を止めて毅然とした立ち振る舞いで挨拶をし、バッグや荷物も整然と並べられている。チームの指導が徹底されていることは、礼儀正しさからも強く伝わってきた。



主将を務めた新井大貴選手

 主将としてチームを引っ張った新井大貴選手(3年)は、そんな生駒ボーイズの方針に惹かれて入団を決めた選手の一人だ。普段の練習は「とても厳しかった」と振り返るが、その分心身共に成長できた中学野球だったと語る。

 「兄が生駒ボーイズのOBで、兄の試合を見て隙がないチームだと思い生駒ボーイズに入りました。石田監督は日頃の練習から厳しい方ですが、褒める時はしっかり褒めてくださるので、(言われたことを)意識していこうという気持ちになります。
 結果もどんどんついてきて、やりがいのあるチームだなと感じました」

 新井選手も高校でも野球を続けていく予定で、生駒ボーイズでの指導を糧に活躍を見せたいと意気込みを語る。また先輩たちの活躍も大きな励みになっており、高校野球での意気込みを語る。

 「OBの池田さんや井上さん、そして元山さんなど本当に尊敬しています。そんな先輩たちを超えることができるような、良い選手になりたいなと思います」

 厳しくも温かい指導で選手の心身を鍛え、またOBたちの活躍も大きな刺激となっている生駒ボーイズ。これからどんな選手が輩出されるのか、今からとても楽しみだ。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
通算20本塁打以上のスラッガー、二塁送球1.9秒台の強肩捕手など関東地区注目のスーパー中学生
元プロ野球選手が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。チーム発足わずか8年で全国大会に出場できたワケ
子供たちの自主性を育て全国大会出場へ 大津瀬田ボーイズ(滋賀)