目次

[1]公式戦は選手全員に経験させて、進路は選手の希望を叶えてあげたい
[2]今年のチームでは植木瑛仁選手が国際大会を経験

 福岡県久留米市に活動の拠点を置く久留米東ボーイズ。2012年に発足し今年で8年目を迎えるが、チームの設立当初から県内外を問わず多くの選手を野球の名門校と呼ばれる学校に送り出してきた。

 2018年には林田 壮馬選手(龍谷大平安・2年)がJUNIOR ALL JAPAN(NOMO JAPAN)に選出され、また高校卒業後も各世代の半分近い選手が大学でも野球を継続しているが、そこには30年近くにわたって中学野球の指導に携わっている清水耕作監督の的確なアドバイスがある。

 チームの指導方針や進路指導についてお話を伺い、また今年のチームの主力選手である植木瑛仁選手にもお話を伺った。

公式戦は選手全員に経験させて、進路は選手の希望を叶えてあげたい


 社会時野球のホンダ熊本で選手として活躍した清水監督は、引退後は福岡県の浮羽ボーイズの監督に就任。その後、小倉ボーイズで5年間コーチを務め、2012年からは現在の久留米東ボーイズで監督として指導にあたるなど、中学野球で実に29年間のキャリアを積んでいる。

 脇を固めるコーチ陣もかつての教え子が多く、末次群コーチ(日田林工出身)や熊谷太樹コーチ(東福岡出身)、井手一希コーチ(関東一出身)などは甲子園出場も経験した。

 「29年が経った今でも、毎年勉強させられる」と指導の難しさを口にする清水監督。
 それでも技術的な指導や進路へのアドバイスなど、これまで様々な面で試行錯誤を繰り返していき、現在では選手の将来をだけを考えた指導を心掛けるようになったと話す。

 「以前は、試合に勝つことで選手を成長させたいと考えることもありました。
 しかし、やはり大事なのは中学卒業後の成長です。現在は選手の将来の希望も聞きながら、技術面や進路の面でアドバイスを送るようになりました」

 試合では選手に「勝つこと」を経験させることも大事だが、清水監督はそれ以上にチーム全員に公式戦の舞台を経験させることを重要視しており、また進路指導でも現在の実力だけを見てアドバイスするのではなく、できる限り選手の希望を叶えることを心掛けている。

 高校卒業後は大学に行くのか就職するのか、高校では強豪校でやりたいのか、それともレギュラーになることを第一に考えるのか。選手の気持ちをできる限り明確にして、1年時から通知表が来る度に面談を行っている。

 「学校によって厳しさも違いますし、チームカラーも変わってきます。特に県外の野球強豪校で勝負したいと言っている選手には、まずは実際に学校やグランドを見てきなさいと言っています。試合も練習も休んでいいからと。
 野球をやっていると家族旅行に行く機会もなかなか無いと思うので、観光も兼ねて家族で見てきてもらいたいなという思いもありますね」