第26回 選手の未来と地元・府中への貢献を重んじる西東京の名門・武蔵府中シニア2019年11月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]大学まで野球を続けることでプロへのチャンスは広がる
[2]文武両道で東京六大学でプレーする選手も多い

文武両道で東京六大学でプレーする選手も多い



紅白戦の様子

 また、プロ野球選手を多く輩出する一方で、進学実績もしっかりと残している。
 大学野球まで野球を続けるからには、学業成績を残すことは必須だ。そのために武蔵府中シニアでは、通信簿やテストの点数のチェックはもちろんのこと、都立高校の自己推薦書類の書き方や都立高校の現状などの説明会も行い、進学に向けてのバックアップも行っている。

 「都立でも、私立顔負けに野球を一生懸命やってる高校ももいっぱいありますので、希望を持って入学できるように努めています。
 うちも府中市のチームなので、地元の高校を応援する意味合いもあり毎年行っていますね」

 こうしたサポートを続けることで、大学へ進学する選手は年々増加。現在、東京六大学には東京大学以外の5つ大学の野球部にOBが在席しており、3年前までは東京大学にもOBが在籍していた。

 「例え家庭の事情で私立に行けなくても、都立や県立高校で野球と勉強を両立してやっていければ大学で芽が出る選手もいます。
 3年前に、東京六大学でベストナインを取った桐生祥汰くんも、都立高校(都立西)から現役で東京大学に受かって野球を続けた選手です。都立高校でも本人の努力次第で、大学まで野球を続けて活躍することもできます」

これからは地元に貢献するチームを作る



輩出したプロ野球選手の名前が掲げられている

 チームとしての実績だけで無く、プロ野球選手の輩出の実績においても大きな足跡を残す武蔵府中シニアだが、そんな中で小泉監督は、近年はチームの方針も変えていることを明かす。
 これまでは埼玉や千葉などの遠方からも選手が集い、一学年で50~60名の選手が在籍していたが、現在では一学年40名程度で地元の選手でチームを構成していくことにしたのだ。

 「ある程度、優勝や日本一も経験させてもらえたので、これからは地域に貢献していくチーム作ろうと思い地元の選手中心に切り替えました。やはり地元愛がないと、大人になった時に帰る場所がなくて寂しいかなと思います。
 地元で育った選手たちが戻ってこれる場所を提供すれば、若い指導者も増えて、またその選手たちに子供が出来た時に、ここで野球をやらせようと思ってくれるかもしれません」

 取材に訪れた際にも、大学野球で活躍するOBがグランドに足を運び、ピッチングを披露する姿が見られ、選手たちは真剣な眼差しでその様子を見つめていた。
 また、親子二代で武蔵府中シニアでプレーする選手、保護者も実際に在籍しており、親子揃っての成長に小泉監督は目を細める。

 「勝つばかりが野球ではありませんし、今は野球をやる環境も減りつつあります。そういった時代が来ているので、とにかく今は地元に貢献して、子どもたちが戻ってきてくれるチームにしていきたいと思っています。それがここ最近のコンセプトですね」

 野球界への貢献だけで無く、地域への貢献も目指していく武蔵府中シニア。これからも府中の地で、名実共に足跡を残し続けるだろう。

(記事=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
浦和学院vs上尾【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
第1017回 全国クラスの実力を持った浦和学院、花咲徳栄を筆頭に今年は激戦!各ブロックを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs久喜北陽【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
浦和学院vs埼玉栄【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
第263回 右サイドの豪腕・美又王寿(浦和学院)が次のステージで活躍するための課題は?【ドラフト特集コラム】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
昌平vs浦和学院【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
浦和学院vs浦和実【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1051回 名門の総合力高き右腕・安藤岳(武蔵府中シニア) 悩みぬいた期間を大きな糧に 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第957回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第955回 活躍するために持つべき3つの視点とは 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)vol.2 【2019年インタビュー】
菅野 剛士(東海大相模) 【選手名鑑】
南 貴樹(浦和学院) 【選手名鑑】
茂木 栄五郎(桐蔭学園) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム