目次

[1]ボールを確実に転がす巧みな戦術が全国制覇に繋がった
[2]『西京ビッグスターズの子は野球をよく知っている』

 今年の文部科学大臣杯第10回記念全日本少年春季軟式野球大会を制した西京ビッグスターズ。これまでに5回の全国制覇を誇る名門軟式クラブチームで卒団生には駒月 仁人(西武)や昨年に龍谷大平安のエースとして活躍した小寺 智也(近畿大)などがいる。
 全国大会で結果を出すだけでなく、卒団後も活躍している選手が多いのが特徴だ。勝利と育成を両立する強豪チームの取り組みは一体どんなものなのだろうか。

ボールを確実に転がす巧みな戦術が全国制覇に繋がった


 平日の午後4時過ぎ、学校を終えた選手たちが次々と練習場である吉祥院公園野球場にやってきた。活動日は月曜日を除いた週6日で平日は4時頃から6時まで練習を行っている。

 チームを率いる宮本英一監督は「野球を通じて体力、技術の向上が第一。野球ができることに感謝して、高校野球に繋がる基本的なことを中学でしっかりやることです」と指導の基本方針を語る。

 実際に練習を見てみると野球の基本を叩きこむような取り組みが随所に見られた。まずはキャッチボール。肘を上げさせるためにめんこを投げるように上からボールを叩きつける動作を最初に行っている。こうした地道な努力を重ねることで、2年経てば綺麗な投げ方になっているのだという。

 キャッチボールの後はシート打撃を行っていた。走者一塁でのバント、エンドラン、三塁に走者を置いてのエンドランといった小技を取り入れたシチュエーションを取り入れている。主将の甚田時斗(3年)はこの練習が春の全国制覇に繋がったと感じたという。

 「優勝できたのは点を取れる時にしっかりと取れていたからだと思います。ランナー三塁でしっかりと転がすのは難しかったですけど、役に立ちました」

 軟式野球は硬式に比べてボールが飛ばないため、得点が入りにくい。だからこそ少ないチャンスで確実に得点を奪うことが勝利に大きく近づく。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。