第6回 剛速球と豪快なホームランが醍醐味のドミニカ野球を徹底解剖!2017年03月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]エージェントの仕事はハードだけど、とてもやりがいのある仕事
[2]ドミニカにとって野球は貧困に打ち勝つことができるスポーツ
[3]ドミニカ野球の醍醐味は剛速球とホームラン

ドミニカにとって野球は貧困に打ち勝つことができるスポーツ

エドウィン・ドミンゲス氏

豊:次にWBCの話題ですが、2013年にドミニカ代表が優勝した時の国民の反応はいかがでしたか?

エ:野球は国内で最も人気なスポーツということもあって、優勝したドミニカ代表がアメリカから帰ってきたとき、空港から中心部までパレードになって、本当にお祭り騒ぎでした。

WBCといえば、前回大会でアメリカを破った時が印象的ですね。世界の大国で、野球大国でもあるアメリカに、カリブの小国のドミニカが勝ったというのは、ドミニカにとって歴史的な出来事になりました。

豊:そうなんですね。ドミニカの野球人気の高さがよくわかります!では、ドミニカの野球の強さの秘訣とはなんでしょうか?

エ:3、4歳のころから野球を始める、そういった幼少期から野球に関わっているということがまず一つです。ドミニカでは伝統的に、赤ちゃんが生まれた時には野球のバットとグラブをプレゼントするというものがあります。定番で人気な出産祝いです。野球は楽しく、そして情熱を持っているからやっているというのも当然ありますが、野球に成功することで、貧困に打ち勝つことができるということはドミニカの野球少年にとって大きなモチベーションになります。メジャーリーグなどで活躍して稼ぐと、家族や友達を助けることができますからね。

豊:その話でいうと、日本でいう部活動のように、ドミニカでは学校教育と野球はどういう関係になっているんですか。

エ:ドミニカでの野球は他と違って、学校と野球は完全に区別されたものとして扱われます。学校には部活はなく、アカデミーでみんなプレーしています。5歳から12歳までは、趣味として、同じ年齢同士で遊び感覚で野球をプレーします。他の町のチームや、国外のチームと対戦したりするのはこちらのカテゴリーではあまりないです。が、12~18歳のカテゴリーでは、子供たちはプロになるための練習を始め、仕事としてプレーすることになります。なので基本的に、12歳のタイミングで、これからプロを目指して真剣に野球をやっていくのか、それとも趣味として続けていくのかを決める大きな分岐点になります。私自身もプロを目指すカテゴリーに所属していましたが、さっきも言ったように大学でプレーはやめました。

【次のページ】 ドミニカ野球の醍醐味は剛速球とホームラン

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
第693回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.3「夢を実現できるくらいになれば野球が楽しくなる」 【2018年インタビュー】
第666回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.2「強打の名手を支える日頃の取り組み」 【2018年インタビュー】
第652回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.1「13歳で決断したアメリカ移住」 【2018年インタビュー】
日本vsオーストラリア【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
第590回 【侍ジャパンU-18展望】指揮官のコメントから探るスーパーラウンドへの戦い方【大会展望・総括コラム】
第563回 福岡ソフトバンクホークス・千賀 滉大投手「お化けフォークの秘密」【Vol.3】 【2017年インタビュー】
第7回 侍ジャパンのバッテリーの配球から初球の入り方を学ぼう!【WBC特集】
第5回 WBCオーストラリア代表の通訳経験者に聞くオーストラリアの野球事情【WBC特集】
第4回 WBC韓国代表を調査!韓国野球エージェントに、グラゼニ女子がインタビュー!【WBC特集】
第107回 WBCで注目している選手は?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
韓国vsオーストラリア【第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
オーストラリアvsチェコ【第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
日本vsオーストラリア【第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム