第5回 前橋育英の「カルテット」に要注意!超強力投手陣で春の頂点を目指す!2017年01月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から 皆川 喬涼、吉澤 悠、丸山 和郁、根岸 崇裕(前橋育英)

 前橋育英が2011年以来となる6年ぶり2度目の甲子園出場を決めた。注目はなんといっても、「カルテット前橋育英」といわれる強力投手陣だ。

 2013年の甲子園優勝投手・髙橋 光成(埼玉西武関連記事)を筆頭に、大学・社会人で活躍する投手を育て上げるなど、伝統的に好投手育成に定評のある前橋育英だが、今年は層の厚さは近年トップクラスといっていい。なんと4人の好投手がいるのだ。吉澤 悠皆川 喬涼丸山 和郁根岸 崇裕。4人中3人が140キロ超えで、前チームから登板経験がある。前橋育英が勝ち上がるには、この4投手の活躍がカギとなる。

 吉澤は2年春から先発投手として活躍し、夏の甲子園でも登板した右投手だ。始動から体重移動までの流れがきれいで、常時140キロ前後のストレート、スライダー、カーブをしっかりと投げ分けることができる。さらにクイック、フィールディングもしっかりしている。完成度が高く、大事な試合では必ず先発してきたように信頼度は抜群だ。

 また普段ライトを守る皆川は最速144キロのストレートが注目されるが、一番のウリは緩急をつけた投球ができること。遅い時は80キロ台にもなるスローカーブを使いよりストレートを速く見せて、春季関東大会準決勝関東一戦では1安打完封を記録し、夏の甲子園初戦嘉手納戦では1.1回を投げ1失点だったものの、常時140キロ台で回転の良いストレートを投げ込み、素質の高さを披露した。

 昨秋では県大会1回戦の桐生市立商戦で6回無失点、準々決勝の高崎商大附戦では4回1失点と県大会で好投を見せてきた。ポテンシャルは高く、この選抜の投球次第では、ドラフト候補に浮上する可能性がある。

 そして今年の前橋育英の勝敗を握っている選手が、センターを守る丸山だ。丸山がマウンドに立つと、グラウンドの雰囲気が変わる。目につくのは体の使い方の上手さである。丸山は170センチ69キロと小柄だが、投球フォームのバランスが良く、強く腕が振れるフォームになっており、左腕から常時140キロ台・最速143キロのストレートとキレのあるスライダーを低めに集めることができる。さらに腕が振れるので、打者からすれば迫力を感じる。関東大会準々決勝慶應義塾戦では、逆転勝ちに導く好投を見せた。さらに走攻守三拍子揃った外野手で、外野に抜ければ、三塁打と確信できる快足は脅威だ。

 最後に紹介する根岸は完成度はまだまだだが、素質が開花したときの爆発力は4人の中で一番。なんといっても目に付くのは、192センチ93キロの大きな体格だ。まだまだフォームが固まっていないが、テクニックをしっかりと身に付けていけば、球速はぐんと上がっていくはず。選抜でその才能が開花することになれば、一躍ドラフト候補になり得る可能性を秘めている。

 昨夏の甲子園では吉澤、皆川、丸山が登板しているが、嘉手納に大逆転負けを喫し、悔しい思いをしている。その悔しさがあったからこそここまで来た。あとは夏よりも成長した姿を選抜のマウンドで魅せるだけだ。

オススメ!
第89回選抜高等学校野球大会特設サイト

 文・(河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第971回 共に新ユニフォームで作った新しい歴史と伝統を築いた明治神宮大会決勝【高校野球コラム】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
國學院久我山vs前橋育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第952回 優勝候補・智辯和歌山、試合巧者・明徳義塾が登場!大会3日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第21回 今年の甲子園に出場する1,2年は怪腕、スラッガーが続々登場!【101回大会特集】
東海大相模vs前橋育英【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
前橋育英vs健大高崎【群馬県 2019年春の大会 群馬県春季大会】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
山梨学院vs前橋育英【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
第719回 丸山和郁(前橋育英-明治大学)一日一歩ずつ歩んだ道程が大記録に繋がる 【2018年インタビュー】
第570回 丸山和郁(前橋育英)「日本の韋駄天、勝負の一手を決める」 【2017年インタビュー】
第541回 根岸 崇裕(前橋育英)「背番号1の期待に少しは応えられたかな」 【2017年インタビュー】
根岸 崇裕(前橋育英) 【選手名鑑】
丸山 和郁(前橋育英) 【選手名鑑】
皆川 喬涼(前橋育英) 【選手名鑑】
吉澤 悠(前橋育英) 【選手名鑑】
前橋育英 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム