第106回 県立大竹高等学校(広島)2017年03月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

試合の様子(大竹)

一つ一つの積み重ねが大きな成果を上げる

  広田 利信監督にもお話を伺います。

Q. 今年のチームは、新チームが始まってから、どんなテーマを持ってチームを作り上げてきましたでしょうか。秋の大会の振り返りならびに、冬でのテーマも合わせてお願いします。

「臼井がしっかり投げて、しっかりと守り、少ないチャンスを生かして得点する」という野球を目指し、練習の8割を守備に時間を割きました。その成果は公式戦6試合で1失策という結果で現れ、本校初の秋季大会ベスト8進出を果たしました。
 今後は、より一層の守備力の強化と、基礎体力(体幹・股関節・骨盤)の向上、加えて、一番の課題である、攻撃力アップのための打撃強化に努めたいです。

Q. 最後に、厳しい冬の練習に励む選手たちにメッセージをお願いします。

「心技体」。このことは、言う事は簡単ですが行うことは難しい。一つ一つの積み重ねが大きな成果を上げます。1日1日を大切にし、こつこつ努力をしてください。

広田監督、大竹野球部の皆様、ありがとうございました!

今年も大好評!【冬が僕らを強くする 特設ページ
各チームのページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第662回 王者・広島新庄が優勝 広陵、瀬戸内がノーシードに回り、夏は混とんしたものに【大会展望・総括コラム】
大竹vs高陽東【広島県 2018年春の大会 春季広島県大会】
第534回 【広島展望】夏3連覇を狙う広島新庄、3年ぶり出場を目指す広陵など伝統校の熱い戦いに注目!【大会展望・総括コラム】
第351回 【広島抽選会後 展望】崇徳、広島商の復活により今年は大混戦!広島を熱くさせることができるか?【大会展望・総括コラム】
臼井 大翔(大竹) 【選手名鑑】
大竹 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム