目次

【目次】 [1]秋季大会で敗れた宇部鴻城を倒し、甲子園で校歌を歌う!
[2]部活の時は野球に、授業中は勉強に一生懸命取り組む
[3]「あの一球、あの一打席」という場面で結果が残せるように!

秋季大会で敗れた宇部鴻城を倒し、甲子園で校歌を歌う!

■光はどんな学校?
山口県光市にある山口県立高等学校は1936年に山口県立室積高等女学校として設立し48年に改称した山口県立光女子高等学校と、42年に旧制・山口県立光中学校として設立し48年に現校名となった高校が、49年に統合し現在の男女共学となった。部活動では、オリンピック選手を輩出した陸上競技部やヨット部が強豪として知られている。野球部は93年夏94年夏の2度、甲子園に出場しているが、勝ち星はなし。昨秋は、センバツに出場する宇部鴻城に敗れたものの山口県大会でベスト8に進出した。

■光野球部の紹介
現在、野球部は2年生23名、1年生18名(女子マネージャー6名を含む)の計41名。「部員一人ひとりがそれぞれの色を持っていて個性豊か。2年生は勉強にも熱心に取り組む学年で、全校生徒の見本となっている生徒が多い」と、長谷川 晃大主将。練習は野球部専用の球場で行っており、「相手チームや応援に来てくださる方に美しい球場と感じていただけるように、掃除を徹底して行っている」(長谷川主将)という。

■光を引っ張る選手は?
長谷川主将が挙げたのは山田 莞爾選手。「新人戦ではまったく打てずに悔しい思いをしていましたが、試合後のミーティングで『秋の大会では必ず打つから』と宣言し、実際に秋季大会では宇部鴻城戦を含めて何度もチャンスで打ってくれました。頼れる4番打者です」
さらに、エースの仲子 泰生選手、サードの林 俊太朗選手、セカンドの大田 篤志選手を今春のキーマンに指名。また、山門 豊選手は「苦しい時やつらい時にチームを盛り上げ、みんなに元気を与えてくれるチームにとってはなくてはならない貴重な存在」だ。

■秋季大会で得た課題
昨秋の山口県大会では8強入りしたが、準々決勝の宇部鴻城戦は2対7で敗戦。長谷川主将は「6回に2点を取って1点差にまで詰め寄りましたが、チャンスであと1本が出ませんでした。逆に、8回は2アウトランナー無しから4点を奪われてしまい、そこに詰めの甘さを感じ、忘れることのできない試合になっています」と、悔いを残した。

 そこで、「二度と同じ思いをしないためにも、その試合のスコアを練習している野球場のスコアボードに掲げ、悔しさを忘れないようにしています。また、技術的な面もそうですが、一日一善という目標を掲げ、毎日ゴミを拾う。トイレのスリッパを揃えるなど、一人の野球人である前に、一人の立派な人間になろうと意識が変わりました」と、敗戦を糧に普段の生活態度から改めているようだ。

■この冬の意気込み
「走攻守において相手を寄せつけない圧倒的な野球ができるように基礎を固め、チームの土台の部分を作り上げていきたい」と話す長谷川主将。「土台がしっかりしているのと、していないのでは、上に積み重なっていく量も変わっていくと思います。この冬は自分に負けず、他人に負けず、毎日が収穫のある練習にしていきます」と誓った。そして、目標は「宇部鴻城を倒して、甲子園で校歌を歌う」こと。この夏は、昨秋のリベンジと全国の舞台での初勝利を狙う。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。