第90回 県立三瓶高等学校(愛媛)2017年03月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(三瓶)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]「大物食い」から一歩前に進み、先輩たちを超える!
[2]2年生・1年生の中心選手にも聴きました!
[3]どこにも負けない「チームワーク」を創る!

「大物食い」から一歩前に進み、先輩たちを超える!

 1920年(大正9年)に「第二山下高等女学校」として開校。1948年(昭和23年)には県立・共学化で現校名となった愛媛県立三瓶高等学校。1950年(昭和25年)に創部された野球部は60有余年の歴史の中で、塀内 久雄選手(現:千葉ロッテマリーンズアカデミーコーチ)などのプロ野球選手や、明徳義塾・馬淵 史郎監督など指導者も輩出。陸上部などと話し合いを重ねながら、学校のグラウンドを上手に使って練習を積んでいる。

「足の速さ・正確な守備・切れ目のない打線」を掲げてスタートした現チームは2年生6名(うち女子マネージャー2名)、1年生8名(うち女子マネジャー1名)の少人数ながら、秋は清家 洋平、山﨑 順貴といった2年生投手陣の奮闘と、3番を打った叶田 貴裕(遊撃手・2年)の活躍により、南予地区予選で好投手がいる八幡浜を破り愛媛県大会進出。

「序盤はリードしていたものの徐々に追い上げられ9回に同点とされましたが、延長に入り11回にサヨナラで勝利したことで自信がつきました」(主将の菊池 健太郎<2年・内野手>)。彼らは県大会でも今治西に9回まで戦い(3対10)、エラーがほとんどない守備力をベースに、競っている試合でも粘り強く戦って勝つパターンを身に付けた。

 この冬は「守備力アップ・下半身強化・体感を強化・スイングスピード強化・メンタル強化」を大目標に、山登りなど学校周辺の豊富な自然も活用しながらチーム強化を進める。

 春以降のキーマンとして菊池キャプテンがあげたのは秋季県大会後に右打ちから左打ちに変更した磯崎 海(1年・捕手)。チーム唯一の左打者として期待がかかる。「守備範囲が広い、足が速い、広角に打てるバッティング、小技もできる」とキャプテンからも全幅の信頼を得ている桝田 裕人(2年・中堅手)も春以降の飛躍が見込まれる。

「心身ともに鍛え上げ、春の大会でしっかりと結果が残せるようにして、夏は甲子園出場」。三瓶は秋の「大物食い」から一歩前に出て、先輩たちを超えにいく。

このページのトップへ

【次のページ】 2年生・1年生の中心選手にも聴きました!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第793回 秋季愛媛県大会展望!「本命不在」大会を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
済美vs宇和・北宇和・三瓶連合【愛媛県 2018年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
八幡浜vs三瓶【愛媛県 2011年 平成23年度春季愛媛県大会南予地区予選】
内子vs三瓶【愛媛県 2010年 夏の大会 第92回愛媛大会】
津島・南宇和・三間・三瓶 【高校別データ】
三瓶 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム