集合写真(新発田中央)
目次

【目次】 [1]チームは「家族」だ
[2]選手それぞれの目標
[3]先の未来のために今を頑張る!

チームは「家族」だ

■除雪作業もトレーニングの一環
新発田中央高等学校は新潟県新発田市にある私立高校。創立当初は女子校だったが1978年から共学となった。野球部は現在1年生24人、2年生11月で活動している。照明を完備した野球部専用グラウンドがあるなど設備面は非常に充実。毎年雪の積もる地域だが雪上ランや雪上サッカー・除雪作業などもトレーニングの一環だ。

■新潟明訓に勝利
小柳 翔主将はチームの特徴に「学年関係のないコミュニケーション力と団結力。新しい歴史を創るために挑戦し続ける姿勢。常に進化を止めず、新しいことを取り込んでいくこと」の3つを挙げた。新チームになってからは「『家族』をテーマに取り組んでいます。個々の能力が強いチームに勝つために、一人一人の繋がり、チームのまとまりで勝つことを意識してきました。監督が父親・部長が母親・コーチ陣が兄貴・選手マネージャーの一人一人が兄弟として、お互いを刺激しながら会話・声がけを活発にしています」という。

そんなチームは昨秋新潟明訓から白星を挙げている。新チーム最初の公式戦では副主将を務める飯沼 琉也選手が3点本塁打で試合を決め、4番の浅田 大喜選手は全試合で先制の適時打を放った。主軸を打つ上級生が活躍すれば1年生エースの萩原 脩平選手がほぼすべての試合を投げ切り、同じく1年生の渡辺 翔太郎がチームトップの打率を残した。

■悔しさを胸に冬を過ごす
しかし、小柳主将は4点差で新潟明訓を下した試合よりも1点差で敗れた中越戦の方が印象に残っているという。

「初回に連打で4点を先制しましたが、徐々に追い詰められ5対6のサヨナラ負けをしてしまった。勝てると自分たちが心のどこかで思っていた部分があったから、小さなミスから負けに繋がってしまったと感じてます。小さなミスから、相手の流れにしてしまうプレーが多かったので、現在も体育館での内野の連携プレーなどに力を入れて取り組んでます。チャンスの場面で1本を打つために『振り込み・打ち込み』を秋の悔しさを忘れずに、声を掛け合い何万本と振っていきたいです。もう悔しい思いはしたくありません。必ずリベンジしたいと思います」

 誰よりも悔しさを感じているのは飯田 幸輝選手かもしれない。1年秋にエース番号を背負った左腕だが昨秋は控え投手。後輩には負けられないと練習に励む。他にも身体能力が高く一発もある飯沼 琉也選手、努力家でもあり大きな声での盛り上げ役でもある森田 俊哉選手も春のキーマンとなりそうだ。

「新潟県の強豪校である新潟明訓中越との試合で、チームとして戦えることはできました。体の強さ・スピードといった一人一人の能力の差を感じました。この冬は、この一人一人の能力を高める時間としていきたいです。現在は、練習の合間に持参したおにぎりを食べたり、マネージャーのご飯を食べたり食トレもしてます。おにぎりは、多い人で6個~7個持ってきてます。来年の春・夏に泣くも笑うも自分たち次第なので、悔いの残らないように1日1日を大切にしていきたいです」

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。