目次

【目次】 [1]最後までやり通す。出来るまでやりきる。
[2]チームワークは最高!
[3]今をしっかりと積み重ね、まだ見ぬ新たな景色を手に入れよう!

最後までやり通す。出来るまでやりきる。

■山形城北はどんな学校?
山形県山形市にある山形城北高等学校は1926年に山形裁縫女学校として創立。48年には学制改革により山形城北女子高校となり、02年に共学化して現校名となった。現在は普通科と特進科が設置されている。陸上部は全国高校駅伝大会(女子)の常連。男女バレーボール部も県内の強豪として知られている。野球部は歴史こそ浅いものの、近年、実力を付けてきており、昨秋は山形大会でベスト8に入っている。

■山形城北野球部の紹介
現在、野球部は2年生26名、1年生27名の計53名。前田 豊主将は「今の1、2年生はチームワークが良く、集中力があり、投手陣が豊富にいるのがセールスポイント」と、話す。年末には恒例となっている山形県野球場マラソンを実施。グランドから往復40kmほどある山形県野球場までランニングし、そこで来年に向けての決意表明を一人ひとりが行っている。

■山形城北を引っ張る選手は?
安部 光祐選手は1番打者として秋の大会で打率.500を記録し、リードオフマンとして打線を牽引。本間 琉斗選手は、全試合に先発出場し、チームの勝利に貢献した。また、身体能力に長けている河合 風馬選手は足が速く、前田主将は「走塁のセンスがあって守備範囲も広いので、守備でも攻撃でも相手チームから警戒されるような選手になってもらいたい」と、期待している。

■秋季大会で得た手応えと課題
地区大会の一次予選は「守備のミスで相手に無駄な点数を献上するケースが多かった」と、話す前田主将。そこで、秋の大会では「とにかくひとつのアウトを疎かにせず、27個のアウトを積み重ねる」というテーマで臨んだという。そして、2回戦の九里学園戦は12対2の6回コールドで快勝。前田主将は「昨夏の大会では、非常に悔しい負け方をした相手だったので、試合前から選手の気持ちがひとつになり良い結果を残すことができた」と、胸を張った。ただ、準々決勝の鶴岡東戦は2対5で敗れ、「ヒット数や内容は決して負けていなかったが、長打と短打の差が点数の差となって表れた」ことから、この冬はプッシュアップ、シットアップ、チンニング、綱登り、縄跳び、スリングといったトレーニングで体作りをし、スイングスピードや球速をアップさせる目論見だ。

■この冬の意気込み
前田主将は「気が緩んでしまいがちなオフシーズンなので、チームとしてのテーマ、さらに個人としてのテーマをしっかりと持ち、一つひとつのことを『最後までやり通し、出来るまでやりきる』」と、チームの目標を宣言。そして、今夏の山形城北は甲子園初出場と、聖地での1勝を目指す。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。