集合写真(鳥取中央育英)
目次

【目次】 [1]チームの課題は打撃力!
[2]個性豊かなチーム
[3]「タフ」さを身につける!

チームの課題は打撃力!

■前身校からはあの選手が!
鳥取県東伯群にある鳥取県立鳥取中央育英高等学校。2003年に由良育英高等学校と赤碕高等学校の合併再編により誕生した。前身の由良育英高校のOBには巨人、阪神で活躍した元プロ野球選手の小林繁がいる。

■鳥取中央育英高校の基本情報
2年生12人、1年生10名、計22名で活動している鳥取中央育英野球部。野球部専用のグラウンドで日々練習に励んでいる。チームのウリを植波 航副主将は「個性豊かで、トレーニング中の元気の良さがあるところ。練習中の全力疾走」と教えてくれた。

■課題を実感した秋
昨秋の県大会1回戦、鳥取湖陵との対戦では、福井 大輔主将がピッチャーになって初の公式戦ながら、9回を投げ切り見事完封。「守備がエラーなく守ってくれて本当に助けられた」と話した。しかし続く2回戦、対倉吉東では8対1と大差で負けてしまった。植波副主将は「後半に育英の弱いところが一気にでたと思った」と悔しさをにじませる。そんな秋の戦いから福井主将はチームの課題は接戦のときの体力、長打の少なさだと実感した。

■鳥取中央育英の注目選手はこの選手!
植波副主将はこの秋に活躍した選手に福井主将を挙げ、「投げては抑えて、打ってはチャンスを作ってくれた」と振り返る。また福井主将について、「あの体型で肩がとても強い」とも教えてくれた。来春のキーマンとなってくれるであろう選手には石賀 大介選手、前田 天選手の名が挙がった。来春の活躍に期待がかかる。

■打撃強化の冬
昨秋の県大会の結果を踏まえ、この冬の1番の強化ポイントは「打撃力」と福井主将は語る。このシーズンオフの目標は体を大きくし、スイングスピードを上げることだ。そのためにスクワット200回や、おんぶ走、サーキットトレーニングなど厳しいトレーニングを行う。「冬を超えたらホームランが何本も打てるよう筋力をつけ、スイングスピードを上げる」。来春、来夏の目標として中国大会出場、甲子園出場を掲げる福井主将。厳しい冬を乗り越えた先にある甲子園出場を狙う。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。