集合写真(県立大湊高等学校)
目次

【目次】 [1]昨夏、大きなインパクトを与えた大湊
[2]当たり前なことを当たり前にできる選手になっていきたい
[3]ここ一番の集中力がカギ

昨夏、大きなインパクトを与えた大湊

■下北半島から甲子園を目指す大湊!
県立大湊高等学校は、青森県むつ市大湊大近川にある高校だ。有名俳優・松山 ケンイチさんやロンドン五輪で陸上日本代表として出場した岸本 鷹幸さんの母校としても知られている。
近年の野球部の活躍は目覚ましく、昨夏の青森大会では青森山田八戸工大一弘前学院聖愛と強豪を立て続けに破って、2009年以来となる決勝進出。八戸学院光星に敗れ準優勝に終わったものの、「大湊旋風」を巻き起こし、全国の高校野球ファンに大きなインパクトを与えた。 

 2010年以降、夏の大会では2度のベスト4位入りを経験し、昨秋の県大会では強豪・青森山田に敗れるもベスト8に名を連ね、この夏も躍進に期待がかかる。「下北半島から甲子園」を目指す大湊の冬の取り組みを紹介したい。

■大湊野球部の基本情報
現在2年生14名、1年生10名とマネージャー2名で活動する野球部。青森県といえばやはり雪国。「冬は雪がすごいので、雪を固めて走ったり、体育館や廊下などでトレーニングをしたりしています」と語るのは主将の畑山 球人選手。雪国の冬のトレーニングは、雪との付き合い方が重要だ。

■チームの強みは?
畑山主将は、チームのウリについて「個性の強さ」「チームの意識がまとまった時の力」「夏の大会の経験者の多さ」の3つを上げてくれた。
また昨秋の大会では、投打ともに圧倒する試合が多く「点ではなく、線になった時の攻撃力が誇れる」と気づくことができた。

 昨年の夏の大会では決勝に進出した大湊。決勝で敗れて悔しい思いを味わったメンバーも多く、畑山主将もその1人。「昨年の夏と同じ思いはしたくないので、去年のチームより強くなって、甲子園に出場します」とその目標を明かしてくれた。

■大湊の秋の戦いと冬のトレーニング
印象深い試合として畑山主将は、昨秋の青森山田戦を挙げてくれた。
「前半はヒットが出なく、先制点を取られ苦しい展開でしたが、6回にヒットが出て1点差にまで詰め寄ることができました。でも次の回に3点を取られてしまって、投手陣の弱さが露呈してしまった試合になりました」

 投手力が課題となった。このオフシーズンには、「去年のオフよりも質を高めた練習をして、前のチームよりもよい結果を残すこと」を目標にしている大湊。前年のチームは今のチームにとってお手本となる存在となっている。

「後半の勝負強さ、我慢強さ、集中力が素晴らしくて、ほとんどの得点が試合の後半にとって逆転できるところが前チームの凄いところだと思います」
と畑山主将が話すように、今年のチームもその後半の勝負強さを継承していきたいと考えている。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。