第80回 夏の終わりにベースボールライター・小関順二氏が振り返る『PL学園の軌跡』2016年08月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]多くのプロ野球選手を輩出した功績
[2]PL学園OBでもしもチームを作ったらどんな顔ぶれになる?
[3]PL学園野球部の幕引き

 今年の夏の甲子園も昨日で幕を閉じたが、この夏は様々なドラマがあり、また涙もあった。
その中でも地区大会中に大きな注目を集めたのが、今夏で休部を発表していたPL学園の勝ち上がりだった。その大阪大会では惜しくも、初戦で敗退。高校野球ファンたちにとっても、寂しいニュースとなった。今回、高校野球の夏の終わりとともに、ベースボールライター・小関 順二氏に、PL学園のヒストリーを特別に寄稿いただいた。

多くのプロ野球選手を輩出した功績

中村 順司元監督

 これほどの強豪校が、と情緒的に嘆いても、時間が経過すればPL学園野球部の名前は次第に忘れられていくだろう。「1977年度卒から2001年卒までの25年間、すべての代からプロ野球選手が輩出されているんだよ」と言っても、「またまた、話を盛るんだから」と笑われるのが関の山である。横浜高校ですらプロへ進んだ代が5年以上続いたことはないのだから。

 15年以上前、雑誌の仕事で中村 順司・元PL学園野球部監督を取材したことがあり、その流れでOBのプロ入りを丹念にたどり、77~01年まですべての代がプロ入りしたことを知った。元プロが多いのは知っていたが、まさか25年とは。

 プロ野球の世界では王 貞治(元巨人)の通算868本塁打、金田 正一(元国鉄、巨人)の通算400勝、福本 豊(元阪急)の通算1065盗塁が不世出の大記録と言われているが、PL学園の「25年間プロ野球選手を輩出」は高校野球界のアンタッチャブルレコードと言ってもいい。

 PL学園が高校野球界のナンバーワンになる70年代以前、トップに君臨していたのは中京商(現在の中京大中京)である。1931~33年の夏の大会3連覇は現在まで続く最長記録で、甲子園大会の春夏通算133勝もモンスターレコードである。ただ、PL学園と比べるとプロに進んだ顔ぶれが寂しい。近年では稲葉 篤紀(元ヤクルト、日本ハム<関連記事>)が有名だが、それ以前では杉浦 清、野口 二郎、野口 明、鬼頭 数雄など有名選手は戦前にかたよる。中京大中京に問題があるのではない。PL学園が凄すぎるのだ。

【次のページ】 PL学園OBでもしもチームを作ったらどんな顔ぶれになる?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第135回 強打を誇る智弁和歌山を上回った尽誠学園の活発打線【高校野球コラム】
中京大中京vs智辯学園【2020年甲子園高校野球交流試合】
中京大中京vs春日丘【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
中京大中京vs栄徳【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
第1010回 夏季愛知県大会展望 抜けて強い中京大中京に対して至学館、享栄、愛工大名電などがどこまで抵抗するか【大会展望・総括コラム】
第116回 交流試合の最注目株・中京大中京期待の「5人衆」をピックアップ!【高校野球コラム】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第6回 愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった!【愛知の高校野球】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1137回 ノーステップ打法で打撃開花。世代トップクラスのショート・中山礼都(中京大中京)は選抜の活躍で夢叶える 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1134回 中京大中京が誇る鉄壁の二遊間「ナカナカコンビ」中山礼都×中嶌優の決意! 【2020年インタビュー】
中京大中京vs健大高崎【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
王 貞治(早稲田実業) 【選手名鑑】
桑田 真澄(PL学園) 【選手名鑑】
立浪 和義(PL学園) 【選手名鑑】
中川 圭太(PL学園) 【選手名鑑】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】
中京商 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】
東大阪大柏原 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム