第80回 夏の終わりにベースボールライター・小関順二氏が振り返る『PL学園の軌跡』2016年08月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]多くのプロ野球選手を輩出した功績
[2]PL学園OBでもしもチームを作ったらどんな顔ぶれになる?
[3]PL学園野球部の幕引き

 今年の夏の甲子園も昨日で幕を閉じたが、この夏は様々なドラマがあり、また涙もあった。
その中でも地区大会中に大きな注目を集めたのが、今夏で休部を発表していたPL学園の勝ち上がりだった。その大阪大会では惜しくも、初戦で敗退。高校野球ファンたちにとっても、寂しいニュースとなった。今回、高校野球の夏の終わりとともに、ベースボールライター・小関 順二氏に、PL学園のヒストリーを特別に寄稿いただいた。

多くのプロ野球選手を輩出した功績

中村 順司元監督

 これほどの強豪校が、と情緒的に嘆いても、時間が経過すればPL学園野球部の名前は次第に忘れられていくだろう。「1977年度卒から2001年卒までの25年間、すべての代からプロ野球選手が輩出されているんだよ」と言っても、「またまた、話を盛るんだから」と笑われるのが関の山である。横浜高校ですらプロへ進んだ代が5年以上続いたことはないのだから。

 15年以上前、雑誌の仕事で中村 順司・元PL学園野球部監督を取材したことがあり、その流れでOBのプロ入りを丹念にたどり、77~01年まですべての代がプロ入りしたことを知った。元プロが多いのは知っていたが、まさか25年とは。

 プロ野球の世界では王 貞治(元巨人)の通算868本塁打、金田 正一(元国鉄、巨人)の通算400勝、福本 豊(元阪急)の通算1065盗塁が不世出の大記録と言われているが、PL学園の「25年間プロ野球選手を輩出」は高校野球界のアンタッチャブルレコードと言ってもいい。

 PL学園が高校野球界のナンバーワンになる70年代以前、トップに君臨していたのは中京商(現在の中京大中京)である。1931~33年の夏の大会3連覇は現在まで続く最長記録で、甲子園大会の春夏通算133勝もモンスターレコードである。ただ、PL学園と比べるとプロに進んだ顔ぶれが寂しい。近年では稲葉 篤紀(元ヤクルト、日本ハム<関連記事>)が有名だが、それ以前では杉浦 清、野口 二郎、野口 明、鬼頭 数雄など有名選手は戦前にかたよる。中京大中京に問題があるのではない。PL学園が凄すぎるのだ。

【次のページ】 PL学園OBでもしもチームを作ったらどんな顔ぶれになる?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第733回 選抜連覇のPL学園を破るために取り組んだ練習の日々 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.1 【2018年インタビュー】
第177回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.26 根尾昂(大阪桐蔭)「潜在能力はナンバーワン。精神的な強さが最大の武器」【ドラフト特集】
第749回 東西ともに熱戦が繰り広げられた、愛知100回目の夏を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第174回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.25「藤原恭大」【ドラフト特集】
第509回 智辯和歌山 打倒・大阪桐蔭を合言葉にした1年間 直接対決を制し夏の頂点へ【野球部訪問】
第22回 世界のホームランキング・王貞治の知られざる高校時代を紐解く!【高校野球ヒストリー】
中京大中京vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
中京大中京vs常葉橘【2018年 練習試合(交流試合)・春】
初芝立命館vs東大阪大柏原【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第686回 東妻 勇輔(日体大)最速153キロ右腕が語る「体重移動」の重要性 【2018年インタビュー】
中京大中京vs犬山【愛知県 2018年春の大会 春季愛知県大会】
第671回 中川 圭太(東洋大)日本代表選手が語る打撃の極意 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第518回 ロサンゼルス・ドジャース 前田 健太投手(PL学園出身)「投球も守備も上達する野球の向き合い方」 【2017年インタビュー】
王 貞治(早稲田実業) 【選手名鑑】
桑田 真澄(PL学園) 【選手名鑑】
立浪 和義(PL学園) 【選手名鑑】
中川 圭太(PL学園) 【選手名鑑】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】
中京商 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】
東大阪大柏原 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム