目次

[1]多くのプロ野球選手を輩出した功績
[2]PL学園OBでもしもチームを作ったらどんな顔ぶれになる?
[3]PL学園野球部の幕引き

 今年の夏の甲子園も昨日で幕を閉じたが、この夏は様々なドラマがあり、また涙もあった。
その中でも地区大会中に大きな注目を集めたのが、今夏で休部を発表していたPL学園の勝ち上がりだった。その大阪大会では惜しくも、初戦で敗退。高校野球ファンたちにとっても、寂しいニュースとなった。今回、高校野球の夏の終わりとともに、ベースボールライター・小関 順二氏に、PL学園のヒストリーを特別に寄稿いただいた。

多くのプロ野球選手を輩出した功績

中村 順司元監督

 これほどの強豪校が、と情緒的に嘆いても、時間が経過すればPL学園野球部の名前は次第に忘れられていくだろう。「1977年度卒から2001年卒までの25年間、すべての代からプロ野球選手が輩出されているんだよ」と言っても、「またまた、話を盛るんだから」と笑われるのが関の山である。横浜高校ですらプロへ進んだ代が5年以上続いたことはないのだから。

 15年以上前、雑誌の仕事で中村 順司・元PL学園野球部監督を取材したことがあり、その流れでOBのプロ入りを丹念にたどり、77~01年まですべての代がプロ入りしたことを知った。元プロが多いのは知っていたが、まさか25年とは。

 プロ野球の世界では王 貞治(元巨人)の通算868本塁打、金田 正一(元国鉄、巨人)の通算400勝、福本 豊(元阪急)の通算1065盗塁が不世出の大記録と言われているが、PL学園の「25年間プロ野球選手を輩出」は高校野球界のアンタッチャブルレコードと言ってもいい。

 PL学園が高校野球界のナンバーワンになる70年代以前、トップに君臨していたのは中京商(現在の中京大中京)である。1931~33年の夏の大会3連覇は現在まで続く最長記録で、甲子園大会の春夏通算133勝もモンスターレコードである。ただ、PL学園と比べるとプロに進んだ顔ぶれが寂しい。近年では稲葉 篤紀(元ヤクルト、日本ハム<関連記事>)が有名だが、それ以前では杉浦 清、野口 二郎、野口 明、鬼頭 数雄など有名選手は戦前にかたよる。中京大中京に問題があるのではない。PL学園が凄すぎるのだ。