第66回 東高西低?!北海道・東北が躍進! 現在の高校野球の勢力地図は?2016年08月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

■北海道、東北が躍進! 現在の高校野球の勢力地図は東高西低!

田中 将大(駒大苫小牧時代)

 高校野球は長らく西日本優位の時代が続いていたが、現在はその状況も随分と変化してきた。夏の甲子園が初戦で東西対決を採用していた05年にならい、東日本(北海道、東北、関東、東京、東海、北信越の新潟、長野、富山)と西日本(北信越の石川、福井と近畿、中国、四国、九州)の2015年までの過去10年間の成績を調べてみると、東日本が260勝239敗で勝率.521。

 一方、西日本は226勝247敗と負け越している。その要因となっているのが、雪国地域の代表校が実力を付けてきたことにある。05年06年は南北海道代表の駒大苫小牧が夏の甲子園で連覇を達成。それまで最北の優勝地は作新学院の栃木県だったが深紅の大優勝旗は一気に津軽海峡を渡った。

 東北地区も負けていない。青森の八戸学院光星11年12年と2年連続で準優勝(当時は光星学院)。宮城の仙台育英昨年は準優勝と、東北勢による全国制覇まであと一歩に迫った。東北地区全体で見ても、13年は初めて5校が初戦を突破。翌14年も2年連続で5校が勝利を挙げている。

 ここ10年間のデータでも東北地区は夏の大会で70勝60敗。勝率.538は東京、近畿に続いて3番目。強豪校がひしめく関東や九州を上回った。また、ここ5年では44勝30敗、勝率.595とさらに成績は向上し、近畿(.541)をも凌駕している。北信越も14年に夏の大会史上初となる全5校が初戦突破。さらに日本文理(新潟)と敦賀気比(福井)が4強まで勝ち上がるなど、この一大会だけで13勝を挙げる旋風を起こしている。

 一方で低迷しているのが中国、四国地区。ともに勝率は3割台に落ち込んでいるが、今春のセンバツ大会では高松商(香川)が準優勝し、復活へののろしを上げていることもあり、今夏の代表校には奮起を期待したい。

◆ここ10年の地区別・勝敗
北海道  9勝20敗 .310
東北  70勝60敗 .538
関東  80勝71敗 .530
東京  38勝18敗 .679
北信越 45勝50敗 .474
東海  39勝40敗 .494
近畿  73勝59敗 .550
中国  26勝50敗 .342
四国  24勝40敗 .375
九州  82勝78敗 .513

(文・大平 明)

注目記事
左腕王国を広島新庄が築くか?田口、山岡、堀に続くのは?
背番号9が甲子園マウンドで躍動!東邦の全国制覇は松山仁彦の左腕にかかっている?!
決勝で敗れた市立船橋打線が語る早川隆久(木更津総合)の脅威のピッチング!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第758回 好投手、好捕手、好遊撃手で沸いた平成最後の甲子園!【大会展望・総括コラム】
野球ノートから紐解く、春・夏連覇を目指す大阪桐蔭の強豪たる由縁とは?【現地記者の高校野球取材ノート】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
龍谷大平安vs八戸学院光星【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
浦和学院vs仙台育英【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
八戸学院光星vs明石商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
木更津総合vs敦賀気比【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭vs作新学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】
第603回 長谷川 拓帆(仙台育英)「目標とされる野球人になりたい」 【2017年インタビュー】
第596回 馬場 皐輔(仙台大)「高い意識と確かな積み上げで、大学球界を代表する剛腕へ」 【2017年インタビュー】
駒大苫小牧 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
日本文理大附 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム