目次

[1]「打撃スタイル考察」から逆算して作られるバット
[2]田中 賢介選手と日高 泰也氏の「幸せなパートナー関係」
[3]「二人三脚」で北海道日本ハムファイターズの「連覇」と自らの「進化」へ

「プロとして」意見を出し合う中で出たグラブについて、2人が語った前編に続き、後編ではこれも興味深い話になった「バット論」へ。最後は田中 賢介選手から高校球児の皆さんに向けたメッセージもあります!

■前編から読む
「切磋琢磨で創る『プロフェッショナル』のグラブ」

「打撃スタイル考察」から逆算して作られるバット

田中 賢介選手(北海道日本ハム)と日高 泰也氏(ウイルソン)

――バットの話も聞かせてください。田中 賢介選手が使っているバットのポイントは?

田中 賢介選手(以下、田中):僕はまずバットを作る時「自分がどのようなバッティングをしたいか」から入ります。そこから「このようなバッティングをしたいなら、こういうバットにしていこう」と逆算してバットを作っていきます。さかのぼると、2007年まで僕はグリップが太い「タイ・カップ型」のバットを使っていましたが、2008年は少し長打を意識したかったのでグリップを指でかけられる形に大きく変えました(参考:2007年は3本塁打31打点から2008年は11本塁打63打点へ)。

 その後、再びヒットを増やしたいと思ったときはバットを長くしたり、太くしたり。先ほどいったように「どのようなバッティングをしたいか」によってバットを変えています。

――それを実現するは、日高さんとのコミュニケーションが絶対的に必要ですよね?

田中:そうですね。それと同時にバットのストックがあるか。僕が「この打者のバットと同じようなもの」と言ったときにすぐに持ってきてくれることが重要です。プロの選手というものは今日「この感覚はいいな、これでいこう」と思っても明日は「違うな、これやめよう」と思うものなんです(笑)。ウイルソンは思い通りのバットの取り寄せも速いですね。

日高 泰也氏(以下、日高):バットができるまでには数週間かかるんですが、田中選手の場合は要望があって作っている最中に、さらに要望がくることもあります。

――では、2017年の田中選手のバットはどうなるのでしょうか?

田中:この2年間、打撃がよくなかった原因を考えると、身体の開きが少し早かったと思います。反対方向に打球もあまり飛びませんでした。そこで今年は身体が開きにくく、反対方向にも打球が飛ぶようなバットを使おうとしています。重心も変えましたし、太さも22,7ミリから25ミリに変えました。感覚的には野球ボールとソフトボールくらい違うと思います。

日高:僕も聞いたときに一瞬、躊躇したくらいです。「本当にこれでいいの?」って。それくらい変わります。

田中:でも、ここまでの感覚は非常にいいですね。今シーズンはブランドもディマリニからルイスビル・スラッガーに変わりますから、見た目から中身までバットが大きく変わる一年になります。