第26回 東邦が優勝を決めた選抜!俳優・吉村卓也が大会で活躍した選手を紹介しつつ振り返る!!2019年04月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]選抜に現れたニュースター・石川昂弥
[2]これからが楽しみな要注目選手3名!

選抜に現れたニュースター・石川昂弥



センバツで大活躍の石川昂弥  ※写真=共同通信

 皆さんこんにちは、吉村卓也です。

 楽しみにしていたセンバツも、始まればあっという間に終わってしまうものですね。今年のセンバツも手に汗握る熱戦が繰り広げられていましたね!最後まで戦い抜いた高校球児の皆さん、お疲れ様でした!そして感動をありがとうございました!!

 第91回選抜高校野球大会。
 優勝は…
 愛知・東邦高校!!おめでとうございます!!

 なんと東邦は平成最初の優勝校!その東邦が、平成最後の優勝校になりました!!まさに平成の甲子園は、東邦に始まり東邦に終わる。かっこよすぎますね!

 さらに東邦はこれだけでは終わらない!凄すぎる快挙を成し遂げてくれました。
 その立役者は、エースで主砲の石川 昂弥投手!!甲子園決勝で、打っては2ホーマー。投げては3安打無四球の完封。決勝での2発&完封は史上初の快挙です!!そして平成最後の甲子園大会アーチも石川くん!

 とんでもないスターの誕生ですね!すっかり石川くんのファンになった僕は調べまくりました(笑)そしたらさらに凄い事実が発覚…!!

 石川くんのお父さんは、なんと!平成元年優勝時の3年生部員だったそうです!!お父さんの代の優勝で平成が幕開けし、息子の代の優勝で平成が幕を閉じる。この事実を知った時、おもわず「漫画かよ!」と叫んでしまいました。やっぱり野球はドラマが起きるものですね。

 そんなニュースター石川くん、野手一本でプロ入りをすでに志願しています。東邦高校のみなさん、本当にお疲れ様でした!優勝おめでとう!!

【次のページ】 これからが楽しみな要注目選手3名!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「ピンチをチャンスに」思える発想を! 私が考える「代替案」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「休養日を有効に活用しての特別試合を実施!」【高校野球コラム】
第108回 島袋洋奨(興南出身)、今井達也(作新学院出身)などの現在地。過去10年間の甲子園優勝投手の歩み【高校野球コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
桐生第一vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
山梨学院vs花咲徳栄【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1040回 プロで活躍する歴代のU-18代表の4番打者に続くスラッガーへ 石川昂弥(東邦)【後編】 【2019年インタビュー】
第1039回 自分たちの野球ができなかった最後の夏 石川昂弥(東邦)【前編】 【2019年インタビュー】
第1035回 経験を力に変えられるのが前 佑囲斗(津田学園)の強み。甲子園と日本代表の経験が成長を生んだ【後編】 【2019年インタビュー】
第1034回 信頼する兄のアドバイスから始まった大エースの道 前 佑囲斗(津田学園)【前編】 【2019年インタビュー】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
野村 健太(山梨学院) 【選手名鑑】
前 佑囲斗(津田学園) 【選手名鑑】
津田学園 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

吉村 卓也
吉村 卓也(よしむら・たくや)
  • アミューズ所属
  • 出身地:広島県
  • 身長体重:166センチ52キロ
  • 生年月日:1990年2月4日
  • 特技:野球、バスケットボール、目を真ん中によせること
  • 趣味:読書、ギター、映画
  • 上記データは掲載時のものとなります。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム