第23回 俳優・吉村卓也の新年1発目のコラム!高校野球が教えてくれる事2019年01月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]1月下旬の重大ニュース
[2]人生とは何かを教えてくれる高校野球

1月下旬の重大ニュース



アウトオブシーズンとは?

 皆さま、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
俳優の吉村卓也です。
2019年も、コラム「スターを見つけ出せ!」引き続き連載していきますので、今年もお付き合いよろしくお願いします!!

 新しい年が来ましたね。みなさんは初詣行かれましたか?
 僕はもちろん行きましたよ。1月4日に「成田山新勝寺」へ行ってきました。
 去年の年末にゲッターズ飯田さんのネット記事を読んでいたら「2019年の運気を上げてくれる神社」として紹介されていたのを見て行ってきました!
 もうひとつ紹介されていた神社は、茨城県鹿嶋市の「鹿島神宮」でした。
 お近くの方や、近くまで行く機会のある方は是非行ってみてはいかがでしょうか。

 さてさて、年も明け寒い日が続いておりますね。
 今の時期は高校野球も試合が行われておらず、ちょっと寂しい気持ちになりますよね。

 ここで豆知識なんですが、
 今の時期は、高校野球では他チームとの試合をしてはいけない時期なんです。
 この期間を「アウトオブシーズン」と言います。

 日本高校野球連盟が定めた規則で、公式戦については12月1日〜翌年3月19日まで試合をする事が出来ないんです。
 ちなみに練習試合は3月8日から許可されています。
 皆さんは「アウトオブシーズン」知ってました?

 でもこれね、とっても大事な規則なんです。
 この時期はとにかく寒いですから、どんなに普段運動をしてる球児達でも故障のリスクは他の時期に比べて格段に高くなります。健康面を整える時期でもあります。
 それともう一つ。
 寒冷地との格差を解消するためです。簡単に言いますと、寒い地域は雪などの影響で練習出来ないのに対し、暖かい地域は練習出来る。地域での格差を無くしましょうって事です。
 これも大切ですよね。

そしてなにより、
 アウトシーズン明けの選手を見るのが本当に楽しみなんです!!!
 チームによってはこのオフシーズンの時期に強化合宿を行うチームなんかもあるのですが、
 この時期は本当に選手が劇的に成長する、言わば生まれ変わる時期なんです!

 えー!?この選手、こんなにパワーあったっけ!?
 とか、
 えー!?この選手こんなにストレート早かったっけ!?
 となれるのも、このアウトシーズン明けならではの楽しみ方です。

 あー早く成長した姿を見たくてうずうずしますよね?
それから今月下旬にも、うずうずするほど待ち遠しいニュースがありますよね?

 え?なんのニュースかって?…もちろんこのニュース!
 「センバツ 91回大会出場校決定」これが1月25日に発表じゃないですか!
 3月23日から開催される第91回選抜高校野球大会。
 今大会の出場枠は32校!!内訳は一般選考28校。21世紀枠3校。神宮大会枠1校です。

 この大会ではどんなスター選手が世間を賑わしてくれるのか、今から楽しみです!!

【次のページ】 人生とは何かを教えてくれる高校野球

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第88回 甲子園ブラバン新神曲・國學院久我山「一本」誕生秘話  ~「歌」と「歌詞」の魅力を発揮させた「神曲」~【高校野球コラム】
第19回 奥川恭伸(星稜)の課題はコンディショニング。焦らず最善のピッチングを【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第11回 佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第3回 智辯魂を胸に刻み、世界の強打者をねじ伏せる!池田陽佑(智辯和歌山)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!【101回大会特集】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
星稜vs智辯和歌山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs明徳義塾【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs米子東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第1022回 アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs粉河【和歌山県 2019年夏の大会 第101回選手権和歌山大会】
智辯和歌山vs和歌山南陵【和歌山県 2019年夏の大会 第101回選手権和歌山大会】
智辯和歌山 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム