第16回 偉大な音楽の力で選手にパワーを与える!東海大相模吹奏楽部2018年07月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]部活動は人として成長することこそが大事
[2]報恩感謝の気持ちで選手たちへ偉大な音楽の力でパワーを与える!
[3]選手とともに全国のてっぺんに!

 北神奈川を勝ち上がる選抜ベスト4の東海大相模。数多くのプロ選手を輩出しており、名実ともに全国トップクラスである。
 そんな選手たちを支える力強い味方がスタンドにいる吹奏楽部である。今年の東日本コンクールという大きな大会で金賞を獲得するなど、野球部に負けない実力を誇る、吹奏楽部界の名門である。そんな吹奏楽部は日々どんな練習をしているのか。そして野球部応援への想いや、普段の演奏との違いとは何なのか。お話を聞いた。

部活動は人として成長することこそが大事


 3学年で130名。その部員数の多さに少し圧倒される。そんな超大所帯の吹奏楽部の練習を少し見ていると、ある言葉がよく聞こえてくる。

 『プロ意識』
 取材当日は週末にイベントを控えており、そのイベントに向けての最終調整だった。ピリピリした、張り詰めた緊張感が漂う。その中で練習をやっているために、生徒への指摘は当然厳しい。そんな中で東海大相模吹奏楽部の顧問、矢島 周司先生が口にした言葉である。

 いくら名門校の生徒であっても、まだ16~18歳の高校生である。『プロ意識』と言われても意識するのは難しい。しかしこの言葉には矢島先生なりの意図が隠されていた。

  「部活動にとって大事なのは生徒の成長なんです。部活での経験が大学、そして社会人で役立ってくれればと思っているので、人間教育の場として部活動を運営しています。そこが根本にあります。」

 コンクールなどの目先の結果だけではなく、今後生きていく中で大事なことを学んで欲しい。そんな人間としての成長を前提にしているからこそ、『プロ意識』という言葉が出てきたのだろう。

 この他にも『逆算しなさい』と言う矢島先生の言葉からは、「人としての成長」を意識していることがうかがえる。

  こうした考えを持つ矢島先生のもとに130名の部員が集い、日々切磋琢磨をしている。ここまで大人数だと、やはり1つにまとめるのは簡単ではない。
 「ある意味、130の個の集まりなので、常に色んな方向を向いていることがあるんです。しかし1つの大義の下に集団としてまとめています。」

 その大義こそが東海大相模吹奏楽部の要となる言葉である。

モンストBGMで応援しよう!
モンスターストライク キャンペーン特設サイト
無料楽譜ダウンロードはこちら↑

【次のページ】 報恩感謝の気持ちで選手たちへ偉大な音楽の力でパワーを与える!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大相模vs慶應義塾【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
東海大相模vs相模原中等教育【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第201回 夏はこのスーパー1年生たちに注目だ!厳選リスト25名!【ドラフト特集コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
東海大相模vs健大高崎【2019年 練習試合(交流試合)・春】
東海大相模vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs常総学院【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第914回 篠木、藤井など来年のドラフト候補生とスーパー1年生たちを徹底紹介!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
第404回 読売ジャイアンツ 菅野 智之投手「心技体ではなく、体心技の考え方 」 【2016年インタビュー】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム