第13回 応援を通じてほんの少しでも人として成長してほしい!東海大菅生(東京)吹奏楽部2018年07月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]野球部応援を通じて学んで欲しい
[2]甲子園で起きた嬉しい悲鳴
[3]選手に力を与えられるような演奏を!

 3年連続夏の西東京大会準優勝。そして昨夏の甲子園ベスト4。西東京の東海大菅生のここ4年間の成績である。その実力は全国クラスであることは間違いない。そんな超名門の野球部のスタンドからは定番曲、『菅生MIX』が聞こえてくる。高校野球ファンであれば一度は耳にしたことがあることだろう。
 この『菅生MIX』をはじめ、数多くの楽曲で選手たちを支える吹奏楽部。吹奏楽部も全国でも有数の実力校である。そんな東海大菅生の吹奏楽部はどんな活動をしているのか、顧問の先生と部長にお話を伺った。

 

野球部応援を通じて学んで欲しい


 現在は3学年で160人という超大所帯の東海大菅生吹奏楽部。そんな大規模部活動を取りまとめるのが、顧問の加島貞夫先生である。

 集まってくる生徒が多いのはおそらく、東海大菅生の吹奏楽部が都内有数の強豪であるからだろう。強豪校として日々どんな練習をしているのか、話を聞いてみると、
「コンクールに向けて4つの組がそれぞれ日程を組んで、パート、合奏、パーツなどの部分練習を組み合わせながら練習します。」といきなり全体での合奏ではなく、パートなどの細かなグループで練習をしていき、全体の合奏の質を上げている。

  

 その練習の成果が、コンクールなどでの受賞という形で残っている。そんな東海大菅生の吹奏楽部だが、コンクールと同じくらい大事にしているのが、野球部応援なのだ。

  

 それはなぜか。加島先生は「挫折を見ることもありますが、高校野球を通じて成長して欲しいんです。高校野球が見せてくれる夢や希望、そして感動を通じて人として大きく成長してほしい」と確かな強い想いを言葉に込めて話してくれた加島先生。だからこそ、野球部応援は、できる限り全員参加を信条に応援をしている。

  

 それだけが理由ではない。コンクールになれば参加できる生徒とそうでない生徒に分かれる。これは吹奏楽部に限らず、野球でも共通していることである。しかし、吹奏楽部には定期演奏会と呼ばれるコンクールとは別で演奏する機会がある。その場には全員が参加できるので、3年間あれば必ず主役になれる時期はやってくる。

  

 しかし野球は必ずしも全員が主役にはなれない。公式戦には選ばれた選手しか出場できない。つまり、メンバーから外された選手は主役になるチャンスがないのだ。それも、もしかしたら3年間ずっとかもしれない。
 そうしたところの違いからも生徒には何かを感じてもらい、人として成長をして欲しいと加島先生は願っている。

モンストBGMで応援しよう!
モンスターストライク キャンペーン特設サイト
無料楽譜ダウンロードはこちら↑

【次のページ】 甲子園で起きた嬉しい悲鳴

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大菅生vs二松学舎大附【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs桜美林【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs東京成徳大高【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs日大豊山【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第768回 経験者が残る日大三、二松学舎大附ともに秋は実力校と対戦!都大会出場を巡り各ブロックで好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第761回 高校野球ドットコム編集部が選ぶ東京都の侍ジャパンU17代表候補【大会展望・総括コラム】
第763回 平成最後の夏の甲子園 高校野球ドットコムが選ぶベストナイン!【大会展望・総括コラム】
日大三vs東海大菅生【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第16回 偉大な音楽の力で選手にパワーを与える!東海大相模吹奏楽部【高校野球×ブラバン特集】
第15回 100%の力を発揮できる場所へ応援で一緒に選手たちと戦う!日大三(東京)吹奏楽部【高校野球×ブラバン特集】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第645回 片山 昂星(東海大菅生)「神宮、そして甲子園を揺るがすスラッガーへ」 【2018年インタビュー】
第638回 田中幹也(東海大菅生)「美技の数々は積極的な姿勢と計算尽くされたポジショニングによって生まれた」 【2018年インタビュー】
第560回 東海大菅生の2年生スラッガー・片山昂星に注目!一番のウリは本塁打の飛距離! 【2017年インタビュー】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
東海大菅生 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム