目次

[1]1回戦敗退のピンチを乗り越えて、快進撃が始まる
[2]千葉経大附戦は負けるべくして負けた
[3]後輩たちにはAシードを破る存在になってほしい

 前編では不安ばかりの夏前の様子を振り返っていただきました。後編では奇跡が起きた夏の大会に入っていきます。

1回戦敗退のピンチを乗り越えて、快進撃が始まる

金城 貴也(県立船橋芝山高等学校)

――初戦の相手は2015年春の県大会ベスト4まで進出したこともある市立松戸でした。嫌な相手だったと思います。

真鍋:実は市立松戸と5月に練習試合を計3試合をやっていて、すべて最悪な形で負けているんです。すべてエラー絡みで負けていてイメージが悪かったので、対戦が決まった瞬間、市松かよ!と思いましたね。

――確かに嫌なイメージがありますね。夏の初戦では、9回表まで1対3で敗れていました。

真鍋:正直終わったな思いました(笑)。埜下(翔真)の四球が出てから、稗田(陽介)が打って、追い上げてきて、誰が打って同点だっけ?

渡部:2対3にしたのが諸節だね。4対3にしたのが、エラー絡みですが、金城。5対3にしたのが原田でした。

――凄い逆転ですね。逆転の瞬間、テンション上がりましたか?

真鍋:めっちゃ上がりましたね!なぜか僕たち3年生より2年生が泣いていました(笑)。最後、良い感じで終わったよね。

大塚:全部ニゴロで終わりました!

――凄い試合でしたね!次は西武台千葉。どんな印象を受けましたか?

真鍋:西武台千葉は、春の地区予選流通経済大柏に勝利して県大会に勝ち上がっているのですが、僕らは流通経済大柏と練習試合をしてボコボコに負けているんです。そこに勝っているのだから、これはまたやばいという話になって(笑)。でも5回表、奇跡的に僕らが2点を先制しました!

大塚:打ったのは真鍋なんです!

――真鍋君、投打で大活躍ですね!

真鍋:あれは本当に奇跡ですよ。

――西武台千葉の投手は結構良かったと聞いています。

大塚:そうですね。2人とも良かったです。最初からエースが投げていたら負けていたかもしれません。

真鍋:確かに佐伯君は速かった。僕が打ったのは2年生の関根 拓海君ですね。佐伯君が出てきてから殆ど打てなかったですね。

――でも西武台千葉も良い打線だと思うんですが、真鍋君はどう抑えようと思ったのですか?

真鍋:高めに行ったら打たれるので、低めに徹底しようと思って。低めに決まって、打たれなかったですね。

渡部:あの日の真鍋の調子だと打たれるイメージはなくて、低めにしっかりと投げれば、内野ゴロで打ち取れるイメージができていましたね。

――2対1とリードして、9回表にも1点を追加しています。

渡部:9回表なんですが、満塁でインターフェア(打撃妨害)が起こりました!1回戦から、相手のエラーから点を取ることがあって、ついているなと感じました。審判のジャッジもこっちに向いている感じがして、何かいけるんじゃないかという気持ちになりましたね。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。