目次

[1]準々決勝の相手は第3シード神村学園!
[2]シーソーゲームの激闘の末に…
[3]樟南との一戦!甲子園まで、あと2つ!

 この夏の鹿児島大会でベスト4入りを果たした川内の3年生に集まっていただき、第1回では、新チームスタート当初の話から夏の大会突入までのエピソードを語っていただきました。今回も、白熱した夏の大会をさらに細かく振り返っていただきます!

準々決勝の相手は第3シード神村学園!

帖佐 竜聖(県立川内高等学校)

――5回は一死から1番・中島君の二塁打を皮切りに、2番・東(比呂・3年)君がレフト前ヒットで続きます。東君の頭脳的なプレーがボークを誘って1点差とし、3番・福永君が進塁打を打ち、またしても4番・帖佐君のレフト線二塁打で同点に追いつきました。

帖佐:この試合だけは比呂が良く当たっていました(5打数4安打)。多分、全校応援の力だと思います。女の子の前では燃えるタイプなので(笑)。あの二塁打もボールの上を叩いてしまって、サードゴロかと思ったら、三塁手が飛び込んだところで跳ねて抜けてくれました。飛んだところが良かったです。

中島:比呂は走塁がうまくて、練習試合でもノーサインで盗塁を決めたことが何度もありました。1点差に迫った場面も、サインは何も出ていませんでしたが、一走の比呂が「行くぞ」という雰囲気を出していて、捕手が焦って、投球動作に入っていたのに立ち上がってしまったので、ボークがとれました。

――5回で同点に追いつき、流れは川内かと思いましたが、7回に1番・島中(大輔・2年)君にレフトスタンドにソロホームランを打たれて再び突き放されました。

帖佐:あそこは油断していてど真ん中に直球がスーッと入ってしまった失投でした。でもセカンドの比呂がすぐに「大丈夫、逆転できる」と言ってくれたのですぐに気持ちを切り替えることができました。

――8回裏、二死二塁から代打・松永(文斗・2年)君が特大のセンターオーバー三塁打を打って再び同点に追いつきました。

中島:松永は2年生ですが、スイングスピードもパンチ力も、僕たち3年生も及ばないものを持っています。打撃練習でもうちのグラウンドにあるライト側のネットを軽く越えて、家の瓦を割ったこともありました。期待していた打者が一発で決めてくれました。

――直後の9回表は二死から2番・橋本(将太朗・3年)君に二塁打を打たれ、3番・田中(梅里・3年)主将を敬遠し、4番・田中(怜央那・2年)から会心の空振り三振をとりました。

中島:あのライトの打球処理は僕のミスでした。バットの先っぽに当たったのか、変な回転がかかっていて、弱い打球だと思って前に出て行ったら、バウンドしてから急にスピードが速くなってライト線を抜かれて長打にしてしまいました。

帖佐:9回でしたが疲れとかはなかったです。相手は4番でしたが、2球目の高めのボール球をハーフスイングでファール。相手が焦って動揺しているのが分かったので「これはいける」と思いました。その後は遊び球もはさまず、2球連続外角のボールになるスライダーを連続して空振り三振、計算通りの投球ができました。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。