第45回 試合は試合で覚える!春のベンチ入りは驚きの方法で決める 古賀 豪紀監督(九州文化学園)vol.72019年04月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]野球はゲーム、ゲームはゲームで覚える
[2]優勝チームは、春に全員ベンチ入り!


今までの連載記事
vol.1:背番号は総選挙で決めるその真意 古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.2:どこよりも重みのある背番号 古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.3:個人的な会話をしない「見る」コミュニケーション 古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.4:たった一言の「声がけ」が大きな力になる!古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.5:7分間ノックはしない!どこで最高のパフォーマンスを出すのか?古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.6:取捨選択の裏にある、非常に高いレベルでの要求!古賀 豪紀監督(九州文化学園)

野球はゲーム、ゲームはゲームで覚える



九州文化学園ナイン

 「僕は実践が大事だと思ってる。野球はゲーム、ゲームはゲームで覚える」

 古賀 豪紀(こが・ひでとし)監督(九州文化学園)の言葉である。言われてみればその通りなのだが、つい野球の練習というと、キャッボール、トスバッティング、ノックにフリーバッティング、ベースランニングなどするものと、固定概念が邪魔をしてしまう。

 「日本人はどうしてもきつい練習に美徳を感じるじゃないですか。死ぬほどきつい練習をして良かったんだと感じてしまう。でも野球は、ゲームじゃないですかアメリカ人からすれば、ベースボールゲーム。何で練習に死ぬほど力れるの、ゲームの中で覚えていけばいいんだから。テレビでゲームするとき練習するか?とテレビゲームをしながら覚えていくだろう。テレビゲームの時もボタンの押し方を練習しない、実戦をしながら覚えていくだろうと。あれゲームなんだから。だからうち全部実戦」

 「昔なんかお金がないからこんにゃくを切って刺身を切る練習をする。お金があれば刺身で練習すれば一番いいんですよ。チャーハンもご飯がもったいないから塩を振ったりする。でも今は道具があるんですから、昔の道具がない時代をそのままやってるわけですよ。それが正しいみたいに。道具があるんですから、マシンから何から全部あるんですから。だからそっちを使った方がいいわけですよ」

 多くの指導者も頭では理解したとしても、それを実際に行動にうつし、練習試合や紅白戦を中心の実践練習に切り替えるには勇気がいるに違いない。今までと違うことをやることでその責任をとれるのかと考えてしまうだろう。そんな中での自身を信じて行動に移せるのが、古賀監督なのである。それは自分自身がプロ野球選手になり、さらに高校の指導者になる目標を達成するなど、行動をしながら、経験を通して成長してきたからこそ出来る決断だ。

【次のページ】 春のベンチ入りは驚きの方法で決める!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第925回 創成館が連覇なるか?!長崎商や佐世保実、九州文化学園など対抗馬も実力が拮抗!【大会展望・総括コラム】
第932回 双子の兄弟はプロ野球選手の夢を叶えるために高校での活躍を誓う  後藤遼介、後藤祐大朗(九州文化学園) 【2019年インタビュー】
第931回 野球だけじゃない!人間的魅力も詰まった遊撃手「柏木」の魅力  柏木寿志(九州文化学園) 【2019年インタビュー】
第44回 取捨選択の裏にある、非常に高いレベルでの要求!古賀 豪紀監督(九州文化学園)vol.6【名将たちの言葉】
第43回 7分間ノックはしない!どこで最高のパフォーマンスを出すのか?古賀 豪紀監督(九州文化学園)vol.5【名将たちの言葉】
第42回 たった一言の「声がけ」が大きな力になる!古賀 豪紀監督(九州文化学園)vol.4【名将たちの言葉】
九州文化学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム