第44回 取捨選択の裏にある、非常に高いレベルでの要求!古賀 豪紀監督(九州文化学園)vol.62019年03月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]全力疾走は本当にいつも必要なのか?
[2]取捨選択の裏にある、非常に高いレベルでの要求

 前回のコラムの続きになる。野球というゲームに置き換えるなら、野球は「相手より多くの得点を記録して、勝つことを目的とする」スポーツである。古賀 豪紀(こが・ひでとし)監督(九州文化学園)が7分間ノックを行わないのは、その目的を達成するための取捨選択なのである。この真意を更に踏み込んで読み解いていきたい。

今までの連載記事
vol.1:背番号は総選挙で決めるその真意 古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.2:どこよりも重みのある背番号 古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.3:個人的な会話をしない「見る」コミュニケーション 古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.4:たった一言の「声がけ」が大きな力になる!古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.5:7分間ノックはしない!どこで最高のパフォーマンスを出すのか?古賀 豪紀監督(九州文化学園)

全力疾走は本当にいつも必要なのか?



古賀豪紀監督(九州文化学園)

 「日本人は全力疾走を美化するじゃないですか、夏の40度の中で常に全力疾走してどうなるんだ」

 この古賀監督の言葉は、実は7分間ノックに通じるものがある。

 「猛暑の中、もし長打を放って、三塁まで狙ってアウトになったとします。このアウトでチェンジになり、その後ベンチに全力で戻ってきます。さらに守備がライトなら、自分のポジションまで全力で走って戻ります。その次にライトに打球が来たら、もうはぁはぁ言って、取れないんですよ」

 野球というゲームに置いては、最悪のパターンである。もし全力疾走が目的になっていたらそれでも良いが、野球というゲームの目的は、「相手より多くの得点を記録して、勝つことを目的とする」と決められているのである。だからこそ、古賀監督は猛暑のなか攻守交代時の全力疾走には反対なのである。これも野球の目的を達成するための取捨選択だ。

 「全力の意味が。この中(グランドの中)で全力でやるのに、攻守交代が全力だと思ってるんですよ。違うんですよ。打ったらもちろん全力ですよ。ただ、ベンチから走っていくのは全力じゃないですよ。でも日本はそれを望んでるんですよ。だから観客も望んでるんです」

【次のページ】 取捨選択の裏にある、非常に高いレベルでの要求

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第925回 創成館が連覇なるか?!長崎商や佐世保実、九州文化学園など対抗馬も実力が拮抗!【大会展望・総括コラム】
第932回 双子の兄弟はプロ野球選手の夢を叶えるために高校での活躍を誓う  後藤遼介、後藤祐大朗(九州文化学園) 【2019年インタビュー】
第931回 野球だけじゃない!人間的魅力も詰まった遊撃手「柏木」の魅力  柏木寿志(九州文化学園) 【2019年インタビュー】
第45回 試合は試合で覚える!春のベンチ入りは驚きの方法で決める 古賀 豪紀監督(九州文化学園)vol.7【名将たちの言葉】
第43回 7分間ノックはしない!どこで最高のパフォーマンスを出すのか?古賀 豪紀監督(九州文化学園)vol.5【名将たちの言葉】
第42回 たった一言の「声がけ」が大きな力になる!古賀 豪紀監督(九州文化学園)vol.4【名将たちの言葉】
九州文化学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム