第22回 実戦、人間力の作り方 我喜屋優監督(興南)vol.42019年02月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]基準が自分で作れない時はどうするのか?
[2]指導者もしっかりした人間力・根っこが必要


指導者もしっかりした人間力・根っこが必要


興南高校校舎

 野球から「人間力」を上げるためには、指導者が基準をきちんと持っている必要がある。そしてその基準を選手に伝えることで、選手の根っこが育つのである。

 ここで我喜屋監督が話してくれた野球におけるいくつかの例を紹介したい。

「走塁においては第2リード大きくとって今までのリードより1m先に行けば、ホームでのクロスプレーは50センチの差だからね、「1メートルでもリードしておけばセーフになったでしょ」とかね。走塁の大切さもいまやっています。

 バッティングにおいては、逆打ちとかね。
逆打ちに関しては、ランナーがセカンドにいる時は、右方向に流せば、大きなスイングをすれば、ライトフライでもタッチアップできるし、もちろん抜ければホームまで行けるし、ゴロでも行けるし。出るランナーをいかに進めるかというのをアウトカウントを増やさないで、たとえアウトカウントを増えても、必ず送っている、「出る、進める、返す」という事が大事だと言っています。

 守備に関しても、打球の方向を見て、お互い声を掛け合うとか、「内野外野の間なら外野優先だぞ」とか、ライトセンター間ならセンター中心だぞとか、きめ細かなことも普段練習のときから取り組んでおけば、必ず役に立つから。無駄な練習はないから。無駄な努力がないのと一緒で、必ずやっておけば、そこから反省も出てくるし、チェックもでてくるし、それこそ次の目安も出来てくるしと、小さな成功体験、小さな気づきを沢山積み重ねることによって、気がついたらすごいチームになっている」

 「野球は取り組んだあとに、気が付かないとだめなんですよ。あっこれだ!というそれが小さな成功体験なんですね」

 皆さんは、もうお気づきだろう。野球の話をしているが、大事なポイントは「人間力」と「PDCA」なのである。始めは指導者が「根っこ」作りを手伝うが、最終的には選手が「自分自身の基準」を身に付けて、自分でPDCAを回せるようにするのが、我喜屋監督の考える指導者の役割なのだろう。

文=田中 実

今までの連載記事
第1回:自分自身の基準を持つ「人間力」
第2回:「根っこ」を育てるには
第3回:人間力は掛け算

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
興南vs神村学園 2【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
興南vs神村学園【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
第202回 奥川、西はどのような投球を見せたのか?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第201回 佐々木、及川の実力は?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【東日本編】【ドラフト特集コラム】
興南vs沖縄水産【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
興南vs北山【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
第878回 目標とする小園、根尾のようなショートになるために 勝連 大稀(興南)【後編】 【2019年インタビュー】
興南vs宜野湾【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム