第22回 実戦、人間力の作り方 我喜屋優監督(興南)vol.42019年02月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]基準が自分で作れない時はどうするのか?
[2]指導者もしっかりした人間力・根っこが必要

 沖縄県の名門校・興南を率いる我喜屋優監督に「人間力」をテーマに語ってもらった連載企画。今回は第4弾で実際に練習に落とし込んだ際に、我喜屋監督はどんな方法で選手たちに接するのか、迫ります。

今までの連載記事
第1回:自分自身の基準を持つ「人間力」
第2回:「根っこ」を育てるには
第3回:人間力は掛け算

基準が自分で作れない時はどうするのか?


練習風景

 野球における基準を作れるようにするには?言い換えると、「人間力(野球力)」をつけさせるためにはどうしたら良いのか?

 我喜屋 優(がきや・まさる)監督(興南)は話してくれた。

 「これは、練習中でも何回もタイムをかけるんです。「今のプレーはおかしいぞ、もう一回やってごらん」と「行けたのに、たぶんファーストが取ると思っていたから行けなかったんだろ」と。失敗その瞬間に直してあげるんですよ。

紅白ゲームをやっていても、僕がすぐに(グランドに)降りていく、「今のはおかしいじゃないか、なんで見過ごすんだよ」と、やっぱり失敗を見過ごさないで、その場で修正する・注意をする、その繰り返しです。

もちろん、その場をみんな見ているから、それが伝統として、あるいは3年生が注意されているのを、2年生が、2年生が注意されているのを1年生がと2度と同じ失敗はしないはずですから。自分で経験してもらう、人の経験を自分が見て学ぶということですね」

「人間力」を作るための極意である。失敗の瞬間に、基準を教えてあげるのが大事だと話してくれた。

 野球ノートの活用法を我喜屋監督に伺うと、

 「「自分がやったこと、監督が言ったことすぐメモしとけよ」人間はすぐ忘れるので、動物だから。これいつも左手にあれば、あのときこう言われたなぁとか。頭の中だけでは限界があるから、これも学校のノート移すのと一緒ですよ」と話してくれた。

「失敗の瞬間に教える・学ぶ」これも基準を教えて覚えさせるための効率的なやり方である。

【次のページ】 指導者もしっかりした人間力・根っこが必要

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第616回 「興南に来て、本当に良かった」人生のスコアボードは、まだまだ続く 興南高校三年生座談会【後編】【野球部訪問】
興南vs具志川商【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第615回 「色褪せない3年間の記憶」一番良いゲームだった沖縄尚学戦 興南高校三年生座談会【野球部訪問】
第11回 佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第5回 琉球のドクターK・宮城大弥(興南) 世界の強打者たちにも三振の山を築く!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第66回 10名中4名が高卒ドラ1!甲子園の優勝校のエースの現在地【101回大会特集】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
明石商vs興南【2019年 練習試合(交流試合)・春】
西日本短大附vs興南【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
興南 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム