第22回 実戦、人間力の作り方 我喜屋優監督(興南)vol.42019年02月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]基準が自分で作れない時はどうするのか?
[2]指導者もしっかりした人間力・根っこが必要

 沖縄県の名門校・興南を率いる我喜屋優監督に「人間力」をテーマに語ってもらった連載企画。今回は第4弾で実際に練習に落とし込んだ際に、我喜屋監督はどんな方法で選手たちに接するのか、迫ります。

今までの連載記事
第1回:自分自身の基準を持つ「人間力」
第2回:「根っこ」を育てるには
第3回:人間力は掛け算

基準が自分で作れない時はどうするのか?


練習風景

 野球における基準を作れるようにするには?言い換えると、「人間力(野球力)」をつけさせるためにはどうしたら良いのか?

 我喜屋 優(がきや・まさる)監督(興南)は話してくれた。

 「これは、練習中でも何回もタイムをかけるんです。「今のプレーはおかしいぞ、もう一回やってごらん」と「行けたのに、たぶんファーストが取ると思っていたから行けなかったんだろ」と。失敗その瞬間に直してあげるんですよ。

紅白ゲームをやっていても、僕がすぐに(グランドに)降りていく、「今のはおかしいじゃないか、なんで見過ごすんだよ」と、やっぱり失敗を見過ごさないで、その場で修正する・注意をする、その繰り返しです。

もちろん、その場をみんな見ているから、それが伝統として、あるいは3年生が注意されているのを、2年生が、2年生が注意されているのを1年生がと2度と同じ失敗はしないはずですから。自分で経験してもらう、人の経験を自分が見て学ぶということですね」

「人間力」を作るための極意である。失敗の瞬間に、基準を教えてあげるのが大事だと話してくれた。

 野球ノートの活用法を我喜屋監督に伺うと、

 「「自分がやったこと、監督が言ったことすぐメモしとけよ」人間はすぐ忘れるので、動物だから。これいつも左手にあれば、あのときこう言われたなぁとか。頭の中だけでは限界があるから、これも学校のノート移すのと一緒ですよ」と話してくれた。

「失敗の瞬間に教える・学ぶ」これも基準を教えて覚えさせるための効率的なやり方である。

【次のページ】 指導者もしっかりした人間力・根っこが必要

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
第202回 奥川、西はどのような投球を見せたのか?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第201回 佐々木、及川の実力は?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【東日本編】【ドラフト特集コラム】
興南vs沖縄水産【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
興南vs北山【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
第878回 目標とする小園、根尾のようなショートになるために 勝連 大稀(興南)【後編】 【2019年インタビュー】
興南vs宜野湾【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
木更津総合vs興南【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
興南 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム