第21回 人間力は掛け算 我喜屋優監督(興南)vol.32019年02月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]人間力は掛け算
[2]我喜屋監督の考える「大人」とは「人間力」と「PDCA」

 これまで「人間力」と「根っこ」について興南高校監督・我喜屋優氏に語ってもらった。第3回目ではそれらの要素の関係を紐解いていきたい。

今までの連載記事
第1回:自分自身の基準を持つ「人間力」
第2回:「根っこ」を育てるには

人間力は掛け算


我喜屋優監督

 「根っこ」を育てるとどうなるのか?

 「根っこ」がしっかりすると、多くの場面で、「自分自身の基準」を作れるということになる。自分自身の身体、野球の知識、日常の出来事、教養、幅広い場面で「自分自身の基準」を持てることになる。

 今までの話と合わせると

「人間力」=「自分自身の基準を持つ」×「根っこの育成度」

だろう。

 なぜ、足し算でなく掛け算かというと、多くの知識・教養・経験などの「根っこ」が育っても、「自分自身の基準」を作る力がなければ、その「根っこ」から木が大きく育たない。逆に「自分自身の基準」をもつ力があっても、「根っこ」がなければ基準に気づける機会がないのである。

 人間力は掛け算である。「自分自身の基準」と「根っこ」があれば、人間力は加速度的に伸びていく。

【次のページ】 我喜屋監督の考える「大人」とは「人間力」と「PDCA」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第25回 興南野球部恒例「1分間スピーチ」に込められた思い 我喜屋優監督(興南)【名将たちの言葉】
第23回 ミスを事前に刈り取れる人間力 我喜屋優監督(興南)vol.5【名将たちの言葉】
第22回 実戦、人間力の作り方 我喜屋優監督(興南)vol.4【名将たちの言葉】
第20回 「根っこ」を育てるには 我喜屋 優監督(興南)vol.2【名将たちの言葉】
第24回 具志川商(沖縄)「バッティング練習と食トレで今冬は長打力アップを図る」【冬が僕らを強くする2019】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
第878回 目標とする小園、根尾のようなショートになるために 勝連 大稀(興南)【後編】 【2019年インタビュー】
興南vs宜野湾【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
木更津総合vs興南【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際vs創志学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
興南 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム