第19回 自分自身の基準を持つ「人間力」 我喜屋 優監督(興南)vol.12019年02月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]大人の野球とは何なのか?
[2]自分自身の基準を持つ~人間力~

 1968年興南の主将・4番打者として甲子園に出場し沖縄勢初のベスト4に。卒業後も社会人野球で活躍。その後社会人野球チームの監督も経験し、2007年に母校・興南の野球部監督に就任した。2010年には春夏連覇を達成。沖縄県勢初の夏の甲子園優勝を成し遂げた。名実ともに名将と言われる我喜屋 優(がきや・まさる)監督の特別連載コラムを届ける。


大人の野球とは何なのか?


我喜屋 優監督が考える大人の野球とは

 「優勝するチームがどういうチームかというと大人野球なんですよね。大人の野球に普段から取り組めばいい」

 我喜屋監督の言葉である。今回のコラムは、この「大人の野球」をするための方法を我喜屋監督の言葉から読み解いてみる。

 まず、「大人」とは何なのであろうか?この答えは我喜屋監督の言葉にある

計画・実行力・自分のやっていることのチェック、省みること、よし明日はこれで行こうという、この4つがあれば大人

 ビジネスの世界で言うならばPDCA(Plan・計画 / Do・実行/Check・評価 / Action・改善)にあたる。そこで今後この4つについては本コラムでは「PDCAを回す」という表現をさせてもらう。

 では、このPDCAを回せれば大人の野球なのであろうか?高校野球で言うならば、高校通算40本塁打を目標!150キロのストレートを投げる!とう計画を立てて、PDCAを回せれば大人の野球なのか?

 答えは、NOだ。我喜屋監督が考える、「大人の野球」の本質は、この4つの中の「計画」にある。

【次のページ】 自分自身の基準を持つ~人間力~

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第25回 興南野球部恒例「1分間スピーチ」に込められた思い 我喜屋優監督(興南)【名将たちの言葉】
第23回 ミスを事前に刈り取れる人間力 我喜屋優監督(興南)vol.5【名将たちの言葉】
第22回 実戦、人間力の作り方 我喜屋優監督(興南)vol.4【名将たちの言葉】
第21回 人間力は掛け算 我喜屋優監督(興南)vol.3【名将たちの言葉】
第20回 「根っこ」を育てるには 我喜屋 優監督(興南)vol.2【名将たちの言葉】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
第878回 目標とする小園、根尾のようなショートになるために 勝連 大稀(興南)【後編】 【2019年インタビュー】
興南vs宜野湾【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
木更津総合vs興南【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際vs創志学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
興南 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム