第9回 報徳学園高等学校(兵庫)永田裕治元監督「全員野球を貫いて得たもの」【Vol.2】2017年06月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]全員野球が生みだす「納得」と「一体感」
[2]戦い方は戦力に合わせフレキシブルに

 第1回では、永田氏が全員野球を大事にしている理由について語っていただきました。第2回では、全員野球を貫いたからこそ得たものについて話していただきます。

報徳学園高等学校(兵庫)永田裕治元監督「全員野球のメリット」【Vol.1】から読む

全員野球が生みだす「納得」と「一体感」

永田 裕治・元監督(報徳学園)

 夏の甲子園予選前であっても、全員に同じ練習機会を与えるという方針は変わりません。たとえメンバーに入っていない選手であっても練習機会はレギュラーと一緒です。甲子園に出場したとしても大会中、全員に同じ練習をさせます。

 高校生なんていつ伸びるかわかりません。センバツ大会で甲子園のアルプスで応援してた子が夏の大会で3番を打ったケースもあります。誰が伸びてくるかなんて、最後までわからない。近頃は自ら志望して裏方に回る選手も増え、その場合はその意思を尊重しますが、望めばいつだってレギュラーメンバーと同じ練習をすることができます。

 このやり方を徹底すると、全員が同じ条件で日々を過ごせているため、チーム内の競争に勝てなかったときの言い訳はできなくなります。その分、メンバー選出の際の選手たちの納得度は高まります。

 納得度が高まると、チーム全体に一体感が生まれます。ベンチに入ることが叶わなかった選手たちも心の底から応援してくれる。相手チームからは「報徳さんはスタンドと一体となって戦っている」とよく言われます。ベンチに入れなかった選手でも全員の目が誰一人死んでいないと。目を見たらわかると。

 嬉しいのは、メンバーに入っていなかった選手達も含め、ほとんどの教え子が卒業後、学校に顔を見せに帰ってきてくれることです。
「ここでお父さんは野球をやってたんだぞ」などと言いながら、奥さんや子どもを連れて帰ってきてくれる。そんな光景を見ると涙が出てきます。指導者冥利に尽きる瞬間です。

【次のページ】 予想だにしなかったメリットとは

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
第780回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「選考基準を再考する」【大会展望・総括コラム】
第772回 宿敵・韓国と対戦!韓国の長所・短所を徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
第3回 「やっぱり漢字がいいね」の一声で変わった強豪校のユニフォームデザイン  【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第753回 打倒・韓国!日本一のショート・小園海斗(報徳学園)がかける今大会への想い 【2018年インタビュー】
済美vs報徳学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs聖光学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs市立尼崎【兵庫県 2018年夏の大会 第100回選手権東兵庫大会】
第630回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)世界との激闘糧に、夏頂点へ駆ける【後編】 【2018年インタビュー】
第629回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)生粋の野球小僧、報徳学園で戦う男に【前編】 【2018年インタビュー】
第572回 三浦銀二(福岡大大濠)「鉄腕、カナダの地で復活!」 【2017年インタビュー】
第569回 小園海斗(報徳学園) 「世界が認める高打率のショートストップへ」 【2017年インタビュー】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム