第6回 報徳学園高等学校(兵庫)永田裕治元監督「全員野球のメリット」【Vol.1】2017年05月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]23年間貫いた「全員野球」
[2]予想だにしなかったメリットとは

 今春、ひとりの名将が勇退した。94年の監督就任以来、報徳学園を春夏合わせ18度、甲子園に導いた永田 裕治氏だ。甲子園通算23勝。2002年センバツでは全国制覇を成し遂げた。最後の指揮となった2017年春のセンバツ大会では準決勝履正社に惜敗したものの、堂々のベスト4。大会終了後、13年間、部長としてチームを支えた大角 健二氏にバトンを託し、23年間に及んだ監督生活に終止符を打った。

「こんにちは!こちらの部屋へどうぞ!」
選抜大会が終了し、3週間が経過した頃、放課後の報徳学園を訪ねた。出迎えてくれた永田元監督の佇まいはまだ勝負師の香りを存分に残していた。
「僕の監督としての考え方は多くの方とは違うと思います」
そんな前置きとともに始まったインタビュー。永田氏はゆっくりとした口調で語り始めた。

23年間貫いた「全員野球」

永田 裕治・元監督(報徳学園)

 高校野球は教育的な意味合いが大きいという思いが私の中にあったため、「どうすれば彼らを勝たせてあげられるか」ということよりも「全員で野球をする」ということにこだわり、徹底してきた23年間でした。

 私が考える「全員野球」の大前提は全員に同じ練習機会を与えることです。バッティング練習でいえば、入学間もない1年生は別にして、全員に同じ本数をローテーション制で打たせます。ノックといった守備練習もそう。全く一緒のメニューを同じ量でおこなう。そのため、全体練習内において、一人当たりが打てる本数はかなり少なくなります。

 うちの硬式野球部は誰でも入部がウェルカムということもあり、毎年部員は多いです。今春の選抜大会時は2学年で77人。昨夏は三学年で136人の部員が在籍した大所帯チームです。

 それでいて専用グラウンドはなく、ほかの部との併用。午後8時半には完全下校のため、部員の多さを考えると練習時間はけっして豊富とは言えません。

【次のページ】 予想だにしなかったメリットとは

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
第780回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「選考基準を再考する」【大会展望・総括コラム】
第772回 宿敵・韓国と対戦!韓国の長所・短所を徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
第3回 「やっぱり漢字がいいね」の一声で変わった強豪校のユニフォームデザイン  【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第753回 打倒・韓国!日本一のショート・小園海斗(報徳学園)がかける今大会への想い 【2018年インタビュー】
済美vs報徳学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs聖光学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs市立尼崎【兵庫県 2018年夏の大会 第100回選手権東兵庫大会】
第630回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)世界との激闘糧に、夏頂点へ駆ける【後編】 【2018年インタビュー】
第629回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)生粋の野球小僧、報徳学園で戦う男に【前編】 【2018年インタビュー】
第572回 三浦銀二(福岡大大濠)「鉄腕、カナダの地で復活!」 【2017年インタビュー】
第569回 小園海斗(報徳学園) 「世界が認める高打率のショートストップへ」 【2017年インタビュー】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム