第13回 1500安打を達成した栗山 巧選手(埼玉西武ライオンズ)の打撃を支えるバットのこだわり2016年06月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

栗山 巧選手(埼玉西武ライオンズ)

デジタルブックで読む

 バットを選ぶ際に大事にしているのは、まずは握りやすさ。それと振りやすさを意識してバットを選びます。体調によって長く持ちたい時と短く持ちたい時とあるのでどちらにも対応出来るバットを選んでいます。振れてないなぁと思ったら短く、振れている時や変化球ピッチャーの時は長く持つので、短く持っても長く持っても振り抜けるようなものが良いです。バランスを大事にしていますね。
ヘッドに重心があるものに挑戦したこともあるんですけど難しかったので、重心がミドルと手元にあるタイプのバランスの取れたものを今は使っています。今シーズンは自己最高の成績が残せるようにしたいです。

■栗山 巧選手 プロフィール

経歴:育英-埼玉西武ライオンズ
ポジション:外野手
タイプ:右投左打
身長体重:177センチ85キロ
生年月日:1983年9月3日

【昨年度の成績】

試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
栗山 巧選手 142 533 143 10 42 3 .268

■ 関連記事
埼玉西武ライオンズ 栗山 巧選手【前編】 【後編】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
仙台育英vs湯沢翔北【2020年秋の大会 第73回秋季東北地区高等学校野球大会】
倉敷商vs仙台育英【2020年甲子園高校野球交流試合】
第1134回 球界屈指の「ユーティリティ型スラッガー」外崎修汰を誕生させた、攻守における意識の持ち方 【2020年インタビュー】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1103回 埼玉西武期待の若手右腕・國場翼(具志川高校出身)が振り返るプロ初勝利。そしてプロに進んで気づいた投手として大事なこと【後編】 【2020年インタビュー】
第1102回 けがで秋、春は未登板。プロへいく道を切り開いた最後の夏 埼玉西武ライオンズ・國場 翼(具志川出身)【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
仙台育英vs鶴岡東【2019年秋の大会 第72回 秋季東北地区高等学校野球大会】
第7回 「打のチームとしての伝統を受け継いで欲しい」スポーツライター・小関順二さんが埼玉西武ライオンズのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第1056回 府内屈指の右腕を日本代表入りの怪腕にさせたドラ1先輩のアドバイス 吉田大喜(日本体育大学) 【2019年インタビュー】
第86回 平良 海馬(埼玉西武ライオンズ・投手) 最速156キロの原動力は八重山商工時代の猛練習【高校野球コラム】
第947回 【兵庫大会総括】明石商が圧巻の逆転V!公立校13校がベスト16入りと大躍進!【大会展望・総括コラム】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
育英 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム