第4回 都立総合工科・有馬 信夫監督が語る「一流の控え選手の共通点とは?」2016年04月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]試合で活躍するよりも、チームとしてどうプラスになったか?
[2]都立城東時代はレギュラーと控えの区別がなかった
[3]一流の控え選手の共通点とは?

 今の高校2年生が生まれた1999年。この年、東東京からは都立城東甲子園に出場した。甲子園に導いたのは有馬 信夫監督である。都立保谷を経て、現在は都立総合工科で監督を務めている有馬監督はこれまでいろいろなチーム、選手を見てきたが、今回は一流の控え選手というテーマでお話を伺った。

試合で活躍するよりも、チームとしてどうプラスになったか?

有馬 信夫監督(都立総合工科)

 一流の控え選手というテーマを挙げると、有馬監督はしばらく首をかしげ、
「難しいですね。私の場合、試合で活躍したというよりも、チームとしてどう貢献していったのか、チームにとってプラスになったかを大事にしています。1人挙げると、今、うちでコーチをやっている扇原 進はまさにそうですね」

 扇原氏は、有馬監督が都立保谷で監督をしていた時の教え子。中学時代は成績が優秀で、東大、京大、一橋大、東京工大と難関国立大の合格者を輩出する都立国立へ行ける学力を持っている選手だったが、都立保谷を選んだ。最初、有馬監督は都立国立へ行くべきだと何度も言っていたようだ。
「僕は反対でした。だって国立ですよ?国立に進学して、そこで頑張れば、良い大学に行けますし、それが君のためになるよと何度も言っていたんです。それでも保谷にきてくれたんです」

 それだけ有馬野球に憧れがあったということだろう。扇原氏は、入学時は投手だったが、後に捕手へ転向。だがなかなかベンチに入ることができなかった。しかし最後の夏でベンチ入りを果たした。

「野球が好きだという気持ちが一番で、技術的なことよりも、精神的な面で評価した選手でした。試合の活躍よりも、チームのためにいろいろなことに尽くしてくれる選手でした。チームを運営する立場として、そういう選手の存在は欠かせません。私は本当に意識が高いチームを見ていた時もありますし、なんでこんなことをするの?と思うチームを見ていたこともあります。一体感があるときは、扇原のような選手がしっかりとまとめている。だから扇原の存在は大きかったと思いますよ」

 こう扇原氏の活躍をたたえていた。その後、扇原氏は東京学芸大へ進学し、現在は教員となり、都立総合工科で指導している。夢は母校・都立保谷で監督を務めることだ。今でも有馬監督は扇原氏に厳しく接している。
「僕は何度も彼に監督に向いていないと言います。だからそれがつとまるように、しっかりとキャリアを積んでほしいと思います。彼は僕以上に『保谷愛』を持っている。OBとしていろいろ気にかけているようですし、そこは立派だと思いますよ」

 今回、扇原氏のような一例を紹介したが、指導歴が長い有馬監督はいろいろなチームを見てきた。控え選手の存在の大きさは、都立城東を出てから気付いたという。


■注目動画
「いつか、僕と戦うかもしれないライバルへ。」
「生きる道は、どこだ。」

このページのトップへ

【次のページ】 都立城東時代はレギュラーと控えの区別がなかった

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第72回 金田留広の晩年 都立総合工科の投手陣にとって欠かせない名投手コーチとなっていた【高校野球コラム】
都立総合工科vs都立足立新田【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
都立総合工科vs芝vs都立片倉【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
都立東大和vs都立総合工科【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立総合工科vs八王子実践【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第129回 3年生座談会 都立総合工科高等学校(東京)「野球の神様が降りてきた夏」【Vol.3】【僕らの熱い夏2017】
第128回 3年生座談会 都立総合工科高等学校(東京)「土壇場の逆転劇を魅せてついにベスト16へ」【Vol.2】【僕らの熱い夏2017】
都立総合工科vs都立翔陽【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立総合工科 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム