目次
“【冬が僕らを強くする2016】"

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介!
[2]今年のチームについて
[3]指導者が語る!このチームの強み

 奈良県橿原市にある県立畝傍高等学校は、明治29年に開校された歴史ある県立の男女共学校。昭和8年に完成した校舎は登録有形文化財に指定された歴史的建造物で、その中で生徒たちは日々学んでいます。

 野球部のOBには、1939年に南海に入団した戸田 与三郎さんがいます。戸田さんは戦後、奈良県立高田高校野球部に就任し、甲子園出場を果たしました。
昨夏は奈良ベスト4に進出し、奈良県野球ファンを沸かせた畝傍。メンバーがガラリと変わったからは、その分苦労を重ねているようです。一つ一つの練習を大切に、自分たちの甘さを打ち砕こうと努力を重ねる畝傍野球部に意気込みを伺いました。

チーム基本情報を紹介!

畝傍高校の中村 真之輔君(学年:2年/役職:主将)にお話を伺いました!

Q. 部員は何人いますか?

 1年生が28人で、そのうちマネージャーは4人。2年生は31人で、マネージャーはその内1人です。

Q. 練習のグラウンド環境を教えてください。

 平日は内野とレフトのみです。土日の午前は平日と同じですが、午後は全面使えます。

 土日の午後は貴重な時間ですね。

このページのトップへ