目次

[1]戦前は大分商、戦後は津久見が牽引した大分の高校野球
[2]ここ数年は明豊、柳ヶ浦がリードしているが、絶対的ではなく群雄割拠状態

戦前は大分商、戦後は津久見が牽引した大分の高校野球


 戦前は大分商がリードしていたが、戦後は津久見の躍進で両校がリーダーシップをとってきた。いうならば、全県区の伝統商業校と地域密着型地元普通科校という図式である。津久見は春、夏それぞれ全国優勝をして、大分県の高校野球の存在を示してきた。
 67年春に吉良修一投手(阪神)で全国制覇を果たすと、72年夏にも水江正臣投手(ヤクルト)で、スイスイと全国制覇を果たしている。学校の歴史としては、大分商の方が古いのだが、甲子園での実績では津久見がリードしながら県内の歴史を作ってきていた。

 この二大勢力に割って入ってきたのが日田林工だった。林工というのも珍しかったが、初出場の73年に広島商に2ランスクイズを決められたのが悔しくて、いつか甲子園でこれをやり返そうという執念で、その3年後の春には機動力中心のチームを作り上げて、ベスト4まで進出したという原田博文監督の執念は見事だった。徹底した練習量でチームを鍛え抜き、したたかさと逞しさを兼ね備えたチームで甲子園に新風を巻き起こした。また、これがそのまま大分県の高校野球においても新時代の到来を告げることになったようだ。
 追うようにして別府商鶴崎工なども甲子園出場を果たした。
 日田林工を作り上げた原田監督はその後同市内にある私立校の藤蔭(旧日田商)へ移ることになるが、そこでも徹底的に練習をして90年夏、95年春と甲子園に駒を進めている。大分商津久見はもちろん、この藤蔭も古臭いくらいの泥にまみれた練習が特色になっていた。

 いずれにしても、大分の高校野球は前述の通り公立の2校が圧倒的にリードしていた。他にも、別府鶴見丘や、野村謙二郎(駒沢大→広島、広島前監督)やその弟・昭彦(駒沢大→日本石油→駒大コーチ→環太平洋大監督)のいた佐伯鶴城など公立の存在が目立った。