第87回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く2018年07月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]甲子園出場経験のある学校が集まる南部地区
[2]筆頭格・九州国際大付に急成長・東筑のいる北部地区
[3]質実剛健で硬派な印象を受ける九州

 

筆頭格・九州国際大付に急成長・東筑のいる北部地区



今春の九州大会で優勝した九州国際大附

 これに対して北部地区の北九州市は、かつての八幡大附属が系列代の校名変更した九州国際大付が筆頭格だ。11年春には準優勝を果たしており、14年と15年も夏連続出場を果たしている。プロ野球の太平洋・西武で捕手として活躍し、西武ではヘッドコーチも経験している楠木徹監督が14年から、勝つ野球を徹底している。バドミントン部も強豪で潮田玲子などを輩出している。

 さらには旧九州工の真颯館、九州共立大八幡西から校名変更した自由ケ丘といったところが追いかけている。

 北九州勢は、かつては公立勢が引っ張っていたのも特徴と言えよう。戦後すぐの、丁度、中等学校から高校に学制が変わる時期に連続優勝している小倉は文武両道の名門校として地元でも人気が高い。78年春を最後に甲子園からは遠ざかっているものの15年は夏の福岡大会でベスト4、秋季県大会では久しぶりに決勝進出。準優勝で九州大会にも進出して気を吐いた。小倉はここへきて復活著しく、17年秋季県大会もベスト4に進出している。

 それ以上に著しく復活を示したのが東筑だ。17年夏に21年ぶり18年春は20年ぶりと相次いで甲子園に復活出場を果たして春3回、夏6回の出場実績となっている。また、戸畑も05年に出場するなど、春夏4回ずつの出場実績がある。小倉と並んでいずれも、旧制中学の流れを汲む伝統校でもある。戸畑商から校名変更した北九州市立も健闘している。他には小倉工小倉商もかつては甲子園出場を果たしている。小倉東も94年、96年と春に出場を果たしている。

 阪神と日本ハムで独自のキャラクターで人気を得ていた新庄剛志の母校である八女市の西日本短大附は、92年夏に旋風を巻き起こして全国制覇して、存在を示した。その後も、04年夏、10年夏に出場を果たしている。地元ではユニホームの表記通り「西短」で親しまれている。

 93年春と05年春に出場を果たした東筑紫学園は17年秋季県大会でベスト8に進出している。また、かつて東京都の岩倉で指導歴が長く亜細亜大のOBからなる青々倶楽部の会長も務めていた磯口洋成監督が就任した常磐も今後が期待される。03年に共学校となった折尾愛真は女子野球部も設置されているが、女子校時代から部活動の盛んな学校でもありとなり注目されている。

【次のページ】 質実剛健で硬派な印象を受ける九州

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
作新学院vs筑陽学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第44回 筑陽学園(福岡)【16年ぶり2回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
第947回 群雄割拠だった福岡大会を総括!それでもやっぱり筑陽学園は強かった【大会展望・総括コラム】
常磐大高vs水戸商【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
常磐大高vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第960回 中学生らしからぬ「大人な」好捕手・ 落合真洋(福岡ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
東海大福岡vs唐津商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
南筑vs東海大福岡【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第908回 向上心の中に垣間見える謙虚さが魅力 藤田和揮(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
飯塚 【高校別データ】
沖学園 【高校別データ】
折尾愛真 【高校別データ】
葛巻・福岡工 【高校別データ】
北九州市立 【高校別データ】
九産大九産 【高校別データ】
九産大九州 【高校別データ】
九州国際大付 【高校別データ】
久留米商 【高校別データ】
光陵 【高校別データ】
小倉 【高校別データ】
小倉工 【高校別データ】
小倉商 【高校別データ】
小倉東 【高校別データ】
修猷館 【高校別データ】
新宮 【高校別データ】
真颯館 【高校別データ】
自由ケ丘 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
福岡・自由の森学園・上尾鷹の台連合チーム 【高校別データ】
田川 【高校別データ】
田川 【高校別データ】
筑紫台 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
東海大福岡 【高校別データ】
東筑 【高校別データ】
常磐 【高校別データ】
常磐 【高校別データ】
常磐大高 【高校別データ】
西日本短大附 【高校別データ】
柏陵 【高校別データ】
東筑紫学園 【高校別データ】
東福岡 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡工 【高校別データ】
福岡工大城東 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡第一 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
福岡大若葉 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
豊国学園 【高校別データ】
三池工 【高校別データ】
柳川 【高校別データ】
八幡 【高校別データ】
八幡工 【高校別データ】
若松 【高校別データ】
若松商 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム