第85回 松山商と今治西が歴史を作り新興の済美が躍進し松山聖陵が追随2018年06月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]2度の初出場初優勝を成し遂げた上甲正典監督が指導した済美と宇和島東
[2]4つの時代で歴史を作った松山商業
[3]伝統校が活躍する愛媛県

2度の初出場初優勝を成し遂げた上甲正典監督が指導した済美と宇和島東



上甲監督が指導した済美と宇和島東

 上甲監督自身の2度目の初出場初優勝となる快挙が04年春の済美の全国制覇だった。元々歴史のある女子校だった済美が02年に共学化になったとともに、野球部強化を前面に打ち出した。そこで、指導者として白羽の矢が立ったのが、宇和島東で初出場初優勝を果たし、その後も平井正史投手(オリックス→中日)などを輩出して実績を作り上げた上甲正典監督だった。最初の年は1年生だけで愛媛大会を戦ったが、初戦敗退。翌年も初戦で丹原に敗退するものの、その後の進境著しく、一気に秋季四国大会を制してセンバツ代表になった。これが、済美快進撃の始まりだった。春を制した済美は、夏もそのままの勢いで決勝に進出。その強さが確かなものであることを証明した。

 上甲監督は済美に就任する以前は少しブランクをおいて宇和島東で指揮をとっていた。宇和島東は学校そのものは古く分校から独立したのも明治時代だが、陸の孤島とも言われるくらいに不便な土地柄であることは否定できない。松山市までは特急で1時間半、普通列車だと約3時間もかかるところである。そんな土地で、地元の高校生だけを集めて1988(昭和63)年にはセンバツ優勝を果たしている。小川投手の好投もさることながら、強打が印象的だった。上甲監督の、どんなときにでもベンチで笑顔を失わない明るさは、済美に移ってからも同じスタイルだった。

 その済美安樂 智大投手(楽天)を擁して、13年春にも準優勝を果たす。12年は春夏連続出場を果たしている。こうして、済美は愛媛県で近年、最も安定した勢力となっていく。その後、不祥事で対外試合禁止期間などもあったが、17年夏に前年に就任した中矢太監督の下、復活出場を果たしている。

【次のページ】 4つの時代で歴史を作った松山商業

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第768回 経験者が残る日大三、二松学舎大附ともに秋は実力校と対戦!都大会出場を巡り各ブロックで好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第12回 2018夏・四国地区「ピックアップゲーム」3選【四国発】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第759回 春の課題を「持ち越した」香川県、「収穫につなげた」愛媛県【大会展望・総括コラム】
第761回 高校野球ドットコム編集部が選ぶ東京都の侍ジャパンU17代表候補【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs済美【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
済美vs報徳学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
済美vs高知商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
済美vs星稜【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
済美vs中央学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第698回 帝京・田中悠我の逆襲の夏!帝京魂で再び全国の舞台へ! 【2018年インタビュー】
第636回 田中 悠我(帝京) 「次こそ夢の聖地へ!」 【2018年インタビュー】
第454回 阪神タイガース 原口 文仁選手(帝京出身) 「大飛躍につながった打撃面のチェックポイント」 【2016年インタビュー】
第293回 福岡ソフトバンクホークス 中村 晃選手【後編】「量をやりながら、質も求める」 【2015年インタビュー】
第292回 福岡ソフトバンクホークス 中村 晃選手【前編】「『首位打者・最高出塁率』を目指す『深み』の深層」 【2015年インタビュー】
安樂智大(済美)
今治西 【高校別データ】
宇和島東 【高校別データ】
川之江 【高校別データ】
中京商 【高校別データ】
西条 【高校別データ】
西条農・今治北大三島 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
丹原 【高校別データ】
津島・南宇和 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
新居浜商 【高校別データ】
新田 【高校別データ】
松山商 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】
三沢 【高校別データ】
三沢商 【高校別データ】
南宇和 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム