目次

[1]古豪の倉敷工を中心岡山のレベルがup!
[2]名だたる選手を輩出する倉敷商
[3]新勢力としておかやま山陽が台頭

古豪の倉敷工を中心に岡山のレベルがUP!


 隣県の広島県が中等野球時代から実績を挙げていたのに対して、岡山県勢は戦前に甲子園出場したのは僅かに岡山一中(現岡山朝日)の1回だけである。しかも、戦後になってもしばらくの間は関西倉敷工岡山東商がポツンとある程度だ。

 当時の夏の地区割は、岡山、広島、山口の中から山陽代表1校という時代だったのである。だから、県で勝ち上がっても広島県と山口県の壁を破ることができなかったのである。
 岡山県は広島と兵庫に挟まれて、県そのものとしてももう一つ強くアピールする部分が少ないという面も確かにある。気候もある程度安定していて温暖で雨が少ない。人口も多くもなく少なくもない。歴史的には、第二次世界大戦でも広島の原爆や神戸大空襲というのを身近に見たり聞いたりはしているものの、自分たちは現実には辛うじて逃れられている。戦前から戦後の野球実績が、温暖な気候の割に目立たないのは、野球のような勝負事に対しても、決死の思いで必勝を期すというイメージもそれほどはないのかもしれない。それが、結果として野球では広島県、山口県を越せないことになったのではないだろうか。

 そんな岡山県で次第に全国に知られる存在となったのは倉敷工だった。その倉敷工は1961(昭和36)年の夏、延長戦で報徳学園を相手に11回表に6点取りながら、その裏6点を取り返されて、さらに12回に1点を失ってサヨナラ負けを喫することによって知られることとなった。甲子園の歴史に残る大逆転を食らった当事者として、全国的に有名になってしまったのである。

 それでも倉敷工を中心に岡山のレベルは上がっていったことは確かだ。倉敷工のライバルとして出てきたのは岡山東商だった。全国的な実績としてはむしろ倉敷工よりも強烈に印象づけた。それは、3度目の出場となった65年春に、その後に大洋ホエールズのエースとして18年間のプロ通算210勝196敗、最多勝2回、防御率1位・沢村賞それぞれ各1回獲得する平松政次投手を擁して出場した時だった。1回戦のコザ(沖縄)との試合を除くと、いずれも投手戦を制して全試合シャットアウトで決勝進出。この年、対照的に強打のチームで進出してきた、藤田平(阪神)のいる市和歌山商(現市立和歌山)と対戦。4回に失点し、連続無失点は39回でストップしてしまったが、試合は投手戦となり延長13回、岡山東商がサヨナラ勝ちした。

 もちろん、岡山県としても初めての優勝となった。平松投手はその後、社会人野球に進んで都市対抗野球でも日本石油(横浜市)の優勝投手にもなる。プロ入りして多くの打者をのけ反らせたカミソリシュートは当時からの武器だった。