第68回 静高が筆頭だが常葉勢や新鋭私学勢力も元気【静岡・2018年度版】2018年05月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]静岡、静岡商、島田商の3強の存在
[2]近年台頭している常葉学園グループ
[3]静岡県の高校野球のメッカ・草薙球場

静岡を筆頭とした静岡、静岡商、島田商の3強の存在



静岡は17年春と18年春も連続出場を果たしている。

 中等野球時代の大正から昭和初期にも有力校が多く活躍していた静岡県。当時は、東海地区という認識よりも、山梨県勢と競うことが多かった。その時代から、中心的な存在としては静岡中(現静岡高)と静岡商で、それに島田商を加えてこれが3強を形成していた。戦後の高校野球時代になって島田商は低迷期に入るが、静岡静岡商はライバルとして競いあいながらレベルアップを果たしてきた。

 この両校の対決は「静岡の早慶戦」として人気が高く、毎年5月の連休前後に伝統の定期戦が行われている。県大会とはまた別の意味で、この試合の意義を高いものととらえているファンも多い。県内一番の進学校としての評価も高い静岡は地元では「静高(シズコウ)」と呼ばれる。これに対して静岡商は商店街などの人気が高い庶民派ということだが、地元では「静商(セイショウ)」と呼ばれてユニホームの胸文字も「SEISHO」と書かれている。

 

 ただ、商業校の常で男子生徒の不足などでやや低迷気味となっていたが、04年夏には久々に静岡大会決勝進出。そして、06年夏には32年ぶりの復活を果たしてオールドファンを歓喜させた。しかし、それから早くも10年以上も経過してしまい、静岡県の勢力構図は静高がリードしつつも、以降は私学勢の台頭が著しい。

 静岡高の場合は一時の低迷を脱し、県を挙げての野球部強化支援という方針もあって、好素質の選手も多く集まってきて名門校としての地位を保っている。99年に春夏出場を果たし、03年夏に出場。ややブランクがあったが、11年夏に8年ぶりに出場を果たす。そして、14年夏からは3季連続の出場を果たすなど、完全復活を果たしている。毎年のように、スケールの大きな迫力ある攻撃型のチームを作り上げている。今や、他校にとっては最大の標的となっている。秋季東海地区大会で連続優勝し、17年春と18年春も連続出場を果たしている。

 この2大伝統校、両雄が復活するまでの間は群雄割拠の様相を呈した静岡県である。その時期に戦後長らく低迷していた島田商が1998(平成10)年春に51年振りに甲子園に戻ってきて、長老たちに感激の涙を流させた。ただ、その後に上位進出を維持し続けるにはやや苦戦している。

【次のページ】 近年台頭している常葉学園グループ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
藤沢西vs慶應藤沢【神奈川県 2018年秋季神奈川県大会 地区予選】
第753回 大本命・静岡が4回戦で消える大波乱が起こった静岡県の夏を振り返る【大会展望・総括コラム】
日南学園vs丸亀城西【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
鳴門vs富岡西【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
富岡西vs城東【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
西尾東vs豊川【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権東愛知大会】
第708回 センバツ出場の静岡がリードし、東海大静岡翔洋と常葉大勢が追う【大会展望・総括コラム】
第159回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.3 「村松開人、内野裕太、水野達稀」【ドラフト特集】
第76回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館、瀬戸内などが追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第660回 3年ぶり秋春東海連覇を狙う静岡。追う東海のツワモノたち【大会展望・総括コラム】
第426回 県立静岡高等学校  鈴木将平選手 「18選手の中で最も名を上げるかもしれない逸材」  【2016年インタビュー】
第235回 日本大学三島高等学校 小澤 怜史投手【後編】 「甲子園に行くために身に付けなければならないもの」 【2015年インタビュー】
第234回 日本大学三島高等学校 小澤 怜史投手【前編】 「148キロを出したトレーニングとメカニズム」 【2015年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第191回 創価大学 寺嶋 寛大選手(興誠高出身) 【2014年インタビュー】
磐田東 【高校別データ】
小山 【高校別データ】
勝山・西成・八尾北 【高校別データ】
西都商 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
静岡市立 【高校別データ】
静岡市立商 【高校別データ】
科学技術 【高校別データ】
静岡学園 【高校別データ】
静岡商 【高校別データ】
静岡一 【高校別データ】
島田商 【高校別データ】
静清 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
聖隷クリストファー 【高校別データ】
知徳 【高校別データ】
鶴田・鰺ヶ沢・金木・木造深浦・浪岡 【高校別データ】
東海大翔洋 【高校別データ】
東海大静岡翔洋 【高校別データ】
桐陽 【高校別データ】
常葉橘 【高校別データ】
常葉菊川 【高校別データ】
西 【高校別データ】
中村西土佐 【高校別データ】
長野北・咲洲・西成連合チーム 【高校別データ】
西・南 【高校別データ】
西城陽 【高校別データ】
西日本短大附 【高校別データ】
西脇工 【高校別データ】
日大三島 【高校別データ】
韮山 【高校別データ】
沼津商 【高校別データ】
沼津東 【高校別データ】
西野田工科 【高校別データ】
浜松学院 【高校別データ】
浜松北 【高校別データ】
浜松修学舎 【高校別データ】
浜松商 【高校別データ】
飛龍 【高校別データ】
富士市立 【高校別データ】
藤枝明誠 【高校別データ】
富士宮北 【高校別データ】
富士宮西 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
森 【高校別データ】
横須賀 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム