第63回 星稜、金沢、遊学館の3強時代から日本航空石川も加わり4校の競い合い【石川県・2018年度版】2018年04月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]星稜、金沢、遊学館の3強時代から日本航空石川も加わり4校の競い合い
[2]星稜の最大のライバル金沢と新勢力の遊学館

星稜の最大のライバル金沢と新勢力の遊学館



今年のセンバツでサヨナラ本塁打を放った原田竜聖(日本航空石川)※写真提供 共同通信社

 星稜の最大のライバルとして競い合ってきたのが金沢だ。毎年のように県大会の決勝で顔を合わせてきた。甲子園での実績や通算成績では星稜にいささか水を開けられているような印象もあるが、金沢のスカイブルーのさわやかな青もすっかり甲子園になじんできている。

 その金沢が甲子園で快挙を達成している。94年の春のセンバツ大会1回戦で、開幕初日の第3試合。開会式があって観客も少なくなっていて、いささか寂しいスタンドではあったが、島根の江の川を相手に中野 真博投手(青山学院→東芝)が史上2人目の完全試合を達成したのだ。これで甲子園での金沢の立場も星稜に肩を並べる存在になったと言っても過言ではあるまい。

 こうして、石川県ではますます星稜金沢の一騎打ち的な図式が強くなっていった。金沢は96年、97年と夏に連続出場し、01年には春夏連続で甲子園出場し、03年夏と04年春にも甲子園に立て続けに出場を果たした。

 ところがその両雄対決の構図に割って入ってきた新勢力があった。02年夏に創部1年4カ月、1・2年生ばかりで甲子園を勝ち取った遊学館だ。しかも、甲子園でも2勝してベスト8進出を果たし一躍全国の脚光を浴びる存在となった。

 あたかも彗星のごとく突如登場した遊学館は明らかに県内の高校野球の構図に刺激を与えた。遊学館の山本雅弘監督が長年星稜中学で指導していたということもあって、星稜関係者も慌てたのではないだろうか。遊学館は03年のセンバツにも出場して、安定した力を示した。石川県内に限らず、全国から入部希望者が集まってくる土壌もありますます力を充実させていきそうだ。

 遊学館も安定した実績を残していることで、今後は星稜金沢との三すくみの形になってさらに石川県のレベルを向上させていくことは間違ないだろう。さらには、ここへ日本航空石川が加わってきて、3強の構図は4強の競り合いという構図になってきた。これにさらには、14年夏の石川大会決勝では8点リードを9回に逆転されて甲子園を逃したことで逆に話題になったのが小松大谷(旧北陸大谷)や大相撲の遠藤を輩出するなど相撲部が全国レベルの金沢学院北陸学院なども近年は上位に食い込んでいる。

 これら私学勢に対して公立勢では06年春に21世紀枠で出場した金沢桜丘金沢市工など伝統のある金沢市内勢と小松市勢も健闘。99年夏に出場の小松や翌00年夏に出場した小松工(旧小松実)に83年夏に出場している小松明峰なども頑張っている。女子バスケット部が強豪で県内では早くから体育科(現スポーツ健康科学科)を設置していた津幡なども上位を窺っている。

(文:手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1014回 各選手の思考力の高さが結果として現れる 星稜高校(石川)【後編】【野球部訪問】
第1013回 代が変わっても強さを維持する星稜のチームマネジメントに迫る!【前編】【野球部訪問】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
関西大vs金沢学院大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
金沢学院大vs九州産業大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
金沢 【高校別データ】
金沢 【高校別データ】
金沢一 【高校別データ】
金沢学院 【高校別データ】
金沢桜丘 【高校別データ】
金沢市工 【高校別データ】
金沢辰巳丘・金沢向陽・宝達・穴水 【高校別データ】
金沢大附 【高校別データ】
金沢龍谷 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
小松大谷 【高校別データ】
小松工 【高校別データ】
小松商 【高校別データ】
小松明峰 【高校別データ】
都立小松川 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
津幡 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
北陸学院 【高校別データ】
遊学館 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム