第55回 54年ぶり全国制覇で盤石となった作新学院を追う國學院栃木が崩せるか【栃木・2018年度版】2018年03月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]作新学院を追う國學院栃木、佐野日大の存在
[2]白鷗大足利、青藍泰斗の私学だけではなく、私学の活躍も見逃せない

作新学院を追う國學院栃木、佐野日大の存在



2016年夏、甲子園優勝を決めた作新学院

 2016年夏の甲子園を作新学院が54年ぶりで制して、改めて栃木の作新学院の健在ぶりを全国に示すこととなった。そして、翌年も春夏連続出場を果たすなど、安定した力を示し続けている。

 全国でも屈指と言えるマンモス校の作新学院は、高校野球でも歴史的スポットライトを浴びている。1962(昭和37)年に史上初の甲子園で春夏連続優勝を果たしている。さらには、その11年後に江川 卓(法政大→巨人)という超スーパースターを出現させて、メディアの注目を一身に浴びた。江川に関しては、今更述べるまでもないのだが、高校時代の、しかも春のセンバツでのピッチングは間違いなく甲子園史上最高の投手であると言われている。それは、同世代の多くの人が証言者としても意見を述べているし、今や伝説となっている。

 もっとも、その年の作新学院は春は準決勝で広島商の奇策に敗れ、夏も圧倒的強さで栃木大会を制し甲子園には出場したものの2回戦で延長の末、銚子商に押し出しで敗れてしまった。

 作新学院としては、その後80~90年代には一時的には低迷期もあった。しかし、小針崇宏現監督が2年生で出場を果たした2000年春以降、着実に復活。そして、05年春季関東大会を江川以来の32年ぶりの優勝で飾って完全復活。6年連続出場となった16年夏に再び頂点を極めたのだった。

 なお、作新学院は軟式野球部も全国優勝8度を誇る強豪である。女子硬式野球部も誕生させて、グラウンドは硬式と軟式が並ぶような形に室内をメインに女子も加わってにぎやかだ。

 近年、3年連続で夏の栃木大会で作新学院と決勝を争っているのが國學院栃木だ。県南部の栃木市に位置し、ラグビー部や女子バレーボール部は全国の常連校でもある。野球部は、作新学院と同時出場を果たした00年春に4強に進出している。しかし、以降はあと一歩甲子園には届いておらず、復活の出場を願う地元の期待も大きい。そして、17年秋季県大会でついに悲願の打倒作新学院を果たして優勝。関東地区大会でもベスト8に進出した。18年のセンバツには現在の柄目直人監督らがいてベスト4にまで進出した2000年以来、18年ぶりに選出された。

 作新学院の低迷期の90年代に躍進したのが佐野日大だった。その後も力を維持し17年のドラフトでJR東日本でオリックスから1位指名を受けた田嶋 大樹投手を擁して14年春には4強進出を果たしている。89年夏に、エースとして初の甲子園に導き、その後阪神入りした麦倉洋一監督が就任して、國學院栃木と共に作新学院を追う一番手の存在といっていいだろう。

【次のページ】 白鷗大足利、青藍泰斗の私学だけではなく、私学の活躍も見逃せない

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第7回 漢字表記のユニフォームを紹介!上田西は独特のデザインで強烈なインパクトを残す!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第837回 試合内容、数字面で圧倒的に上回る東海大菅生に対し、関東地区はどう対抗するのか??【大会展望・総括コラム】
第816回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
桐蔭学園vs佐野日大【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
佐野日大vs東農大三【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集コラム】
前橋育英vs作新学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
大阪桐蔭vs作新学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
作新学院vs白鷗大足利【栃木県 2018年夏の大会 第100回選手権栃木大会】
第556回 石川 翔(青藍泰斗)「葛生の剛腕、最後の夏は最高の夏に」 【2017年インタビュー】
第435回 作新学院高等学校 今井達也選手 「我慢強さが呼び込んだアジア制覇!」  【2016年インタビュー】
第432回 作新学院高等学校 入江大生選手 「甲子園で魅せた豪打再び!」  【2016年インタビュー】
第338回 JR東日本 田嶋 大樹投手「『自分の道』を正しいものとするために」 【2015年インタビュー】
第336回 佐野日本大学高等学校 五十幡 亮汰選手「中学短距離二冠が語る速く走るためのポイント」 【2015年インタビュー】
宇都宮南 【高校別データ】
國學院栃木 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
佐野日大 【高校別データ】
青藍泰斗 【高校別データ】
白鷗大足利 【高校別データ】
文星芸大附 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム