目次

[1]野球後進県と見られていた宮崎県
[2]新鋭校の登場もあり、勢力のバランスは崩れていく

 現在は、宮崎県も日南学園などの私学勢力が強くなっている。しかし、長らく宮崎県の高校野球は高鍋がリードしていく形だった。

野球後進県と見られていた宮崎県

高鍋

 そもそも宮崎県は九州でも野球後進県的な存在となっていた。県内から初めて甲子園に登場したのは高鍋だったが、何と1954(昭和29)年になってやっと実現するのである。甲子園出場県の記録としては、日本に復帰していなかった沖縄を除くと一番遅い記録となる。しかも、圧倒的に遅かったのだ。その後、宮崎県は南九州大会として沖縄と組むようになっていたこともあり、記念大会の後の59年からは毎年のように甲子園に駒を進めている。

 その中心となったのが初の甲子園を記録している高鍋と、県内で一番の歴史を誇る旧制中学型の名門校で旧宮崎中学の宮崎大宮だった。これに、宮崎商あたりが絡むというのが主な図式となっていた。

 宮崎県勢の甲子園初勝利は57年宮崎大宮だが、辛うじて甲子園に出てきて、組み合わせがよければ、まあ1つくらいは勝てるかなというのが正直なところだった。

 宮崎で公立勢に刺激を与えたのは都城が最初だった。ラグビーも強くやはり高鍋と競り合っていた。私立のスポーツ強化校という立場でもある。70年夏に始めて甲子園に登場して、77年、79年夏に甲子園に駒を進めると、田口 竜二投手を擁して84年春にはベスト4に進出して全国レベルの強豪校へ成長。桑田 真澄関連記事・清原 和博のPL学園相手に大接戦。延長11回に1点を失い敗れたものの、その力投は十分に評価された。同年夏にもやはり甲子園に出場し、PL学園に敗退している。

 その都城と競うように登場してきた私立勢力が日向学院延岡学園という形でつながっていく。その後、県内で実力派として台頭していくのが日南学園で、現在ももっとも安定した力を示している。一躍有名になったのは、甲子園の最速記録154キロを表示した寺原 隼人投手(ダイエー・ソフトバンク→横浜→オリックス→ソフトバンク)のいた01年夏のことである。

 02年夏に甲子園初出場を果たした日章学園はブラジルからの留学生の活躍が話題となって、宮崎県高校球界に新たな風を吹き込んだ。敗れはしたものの、興誠と演じた大打撃戦は強烈な印象を与えた。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。