第22回 大きく、高校野球の歴史と意識を変えた駒大苫小牧の連覇(北海道)2016年05月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]2004年に革命を起こした駒大苫小牧
[2]活発な南北海道とそれに負けず様々な学校が活躍を魅せる北北海道

 北海道の高校野球は駒大苫小牧2004年夏の全国制覇以降大きく変わった。それはまさに、革命が起きたといっても過言ではないくらいの出来事だった。

2004年に革命を起こした駒大苫小牧

駒大苫小牧時代の田中 将大

 その年の駒大苫小牧は大会前の下馬評としても、従来の北海道勢に比べてパワーは抜群で、その打撃力は高い評価は受けていた。それは、3回戦で日大三に打ち勝って、いよいよその力は本物だといわれはじめた。

 勢いづいた駒大苫小牧は準々決勝では、大会屈指の右腕涌井 秀章(西武-ロッテ)を擁する横浜を堂々と打って倒した。この時点で北海道勢としては1928年の第14回大会に北海中が進出して以来、76年ぶりのベスト4進出となった。準決勝で東海大甲府に打ち勝ち、決勝戦でも春夏連覇を狙う済美と両校合わせて39安打という大打撃戦は逆転に次ぐ逆転というスリリングな内容になったが、最終的に駒大苫小牧が13対10と打ち勝って、初の全国制覇に輝いたのである。

 優勝旗の最北到達地点が、それまでの宇都宮市(作新学院)から東北地方を飛び越えて、一気に津軽海峡まで越えて駒大苫小牧まで伸ばしてしまったのだ。しかも、5試合すべてで2桁安打を記録した。猛打線は脅威だった。

 チームを優勝に導いた香田 誉士史監督は九州の佐賀商出身で、95年に駒大関係者の推挙によって監督に就任した。道内出身者ではないことで、却って北海道という土地の持つ特別性を冷静に受け止め、そこで何をするべきかをより早く理解したことも大きかった。室内練習場などの設備の充実を積極的に働きかけるなどの努力で、早く成果を挙げていった。雪や寒さでグラウンドが使用不可能な長い冬のシーズンにも、室内練習場でボールを使用した練習が可能となり、徹底した打ち込みとウエートトレーニングでパワーをつけていった。

 勢いづいた駒大苫小牧は、翌年もは初戦突破したものの、2回戦で神戸国際大附に敗れたが、は再び快進撃を見せた。初戦で聖心ウルスラに快勝すると日本航空からは13点奪い大勝、鳴門には1対6から7回に5安打を集中させて7対6と逆転勝ち。そして準決勝の大阪桐蔭には延長10回で競り勝って、決勝でも京都外大西に5対3で勝って、48年の小倉以来の連覇を果たした。

 翌春は出場を決めていたものの不祥事で辞退したが、は3連覇を目指して出場を果たす。エース田中 将大(楽天-MLB関連記事)は大会前から注目を浴びる存在となっていた。2回戦は田中が14三振を奪い南陽工を下すと3回戦では青森山田に1対7と序盤で大きくリードされながらも、その後は壮絶な打ち合いを演じて10対9と逆転勝ち。さらに東洋大姫路智辯和歌山と全国制覇の実績がある相手を撃破して決勝進出。決勝では斎藤 佑樹(早稲田大-日本ハム)を擁する早稲田実業と球史に残る熱戦を展開。延長15回引き分け再試合後、翌日の試合で3対4と惜敗して3連覇は逃したものの、この3年間で強い北海道の駒大苫小牧を強烈に印象付けた。

このページのトップへ

【次のページ】 活発な南北海道とそれに負けず様々な学校が活躍を魅せる北北海道

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
中京学院大中京vs北照【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs旭川大高【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第951回 大会2日目は奥川、鈴木、井上、前らドラフト候補が続々登場!大会2日目4試合の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
第23回 北照高等学校(南北海道)【2年連続5回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第949回 【西東京大会総括】29歳の青年監督による快挙、そして力を発揮できなかった実力者たち【大会展望・総括コラム】
桜美林vs日大三【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
日大鶴ヶ丘vs東海大菅生【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
桜美林vs都立保谷【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第968回 狙うは北海道ナンバーワン捕手の座! 浅野駿吾(遠軽)【後編】 【2019年インタビュー】
第953回 北北海道注目の強肩捕手・浅野駿吾(遠軽)!2年の経験はすべてが糧になった【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第911回 無力を悟り試行錯誤に明け暮れた一年間 下村海翔(九州国際大付) 【2019年インタビュー】
遠藤友彦の人間力!
杉浦 稔大(帯広大谷) 【選手名鑑】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
旭川北 【高校別データ】
旭川工 【高校別データ】
旭川実 【高校別データ】
旭川大高 【高校別データ】
旭川南 【高校別データ】
旭川龍谷 【高校別データ】
遠軽 【高校別データ】
小樽潮陵 【高校別データ】
帯広 【高校別データ】
帯広大谷 【高校別データ】
帯広南商 【高校別データ】
北日本学院 【高校別データ】
駒大岩見沢 【高校別データ】
駒大苫小牧 【高校別データ】
札幌大谷 【高校別データ】
札幌清田 【高校別データ】
札幌商 【高校別データ】
札幌第一 【高校別データ】
札幌日大 【高校別データ】
札幌南 【高校別データ】
白樺学園 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】
苫小牧東 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
函館大有斗 【高校別データ】
武修館 【高校別データ】
北照 【高校別データ】
北海 【高校別データ】
北海学園札幌 【高校別データ】
北海道栄 【高校別データ】
北海道日大 【高校別データ】
鵡川 【高校別データ】
女満別 【高校別データ】
立命館慶祥 【高校別データ】
コメント (1)
夏大好き2017.06.03 あきら
夏に向か意味深い練習頑張って✊

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:愛知県
  • ■ 経歴
     愛知県知多市出身。半田高→國學院大81年卒。大映映像事業部など映像会社で、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションに10年勤務後独立。
     99年に『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け、を刊行。同年に『都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社・刊)で本格的にスポーツ作家としてデビュー。99年12月に、『アンチ巨人!快楽読本』(双葉社)を企画編集・執筆。その後、『ふたりの勇気~東京六大学野球女子投手誕生物語』、『高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)などを相次いで刊行。さらに話題作となった『甲子園出場を目指すならコノ高校)』(駿台曜曜社)、『野球県民性』(祥伝社新書)、『プロ野球にとって正義とは何か』、『プロ野球「黄金世代」読本』、『プロ野球「悪党」読本』(いずれもイースト・プレス)などを刊行。
     さらには『高校野球のマネー事情』、『スポーツ(芸能文化)名言』シリーズ(日刊スポーツ出版社)、『球国愛知のプライド~高校野球ストーリー』などがある。
     2015年には高校野球史を追いかけながら、大会歌の誕生の背景を負った『ああ栄冠は君に輝く~大会歌誕生秘話・加賀大介物語』(双葉社)を刊行し18年には映画化された。

     スポーツをフィルターとして、指導者の思いや学校のあり方など奥底にあるものを追求するという姿勢を原点としている。そんな思いに基づいて、「高校生スポーツ新聞」特派記者としても契約。講演なども國學院大學で「現代スポーツ論」、立正大で「スポーツ法」、専修大学で「スポーツジャーナリズム論」などの特別講師。モノカキとしてのスポーツ論などを展開。
     その他には、社会現象にも敏感に、『人生の達人になる!徒然草』(メディア・ポート)、『かつて、日本に旧制高等学校があった』(蜜書房)なども刊行。文学と社会風俗、学校と教育現場などへの問題提起や、時代と文化現象などを独自の視点で見つめていく。 そうした中で、2012年に電子メディア展開も含めた、メディアミックスの会社として株式会社ジャスト・プランニングを設立。新たなメディアコンテンツを生み出していくものとして新たな境地を目指している。
  • ■ 著書
    都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社) 
    甲子園への助走~少年野球の世界は、今』(オーシャンライフ社)
    高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)

    話題作となった
    甲子園出場を目指すならコノ高校(増補改訂)』(駿台曜曜社)
    スポーツ進学するならコノ高校
    東京六大学野球女子投手誕生物語~ふたりの勇気』(三修社)
    三度のメシより高校野球』(駿台曜曜社)
    スポーツライターを目指す人たちへ~江夏の21球の盲点』(メディア・ポート)
    高校野球に学ぶ「流れ力」』(サンマーク出版)
    野球県民性』(祥伝社新書)
    野球スコアつけ方と分析』(西東社)
    流れの正体~もっと野球が好きになる』(日刊スポーツ出版社)NEW!
  • ■ 野球に限らずスポーツのあり方に対する思いは熱い。年間の野球試合観戦数は300試合に及ぶ。高校ラグビーやバレーボール、サッカーなども試合会場には積極的に顔を出すなど、スポーツに関しては、徹底した現場主義をモットーとしている。
  • ■ 手束仁 Official HP:熱中!甲子園
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム