目次

[1]2004年に革命を起こした駒大苫小牧
[2]活発な南北海道とそれに負けず様々な学校が活躍を魅せる北北海道

 北海道の高校野球は駒大苫小牧2004年夏の全国制覇以降大きく変わった。それはまさに、革命が起きたといっても過言ではないくらいの出来事だった。

2004年に革命を起こした駒大苫小牧

駒大苫小牧時代の田中 将大

 その年の駒大苫小牧は大会前の下馬評としても、従来の北海道勢に比べてパワーは抜群で、その打撃力は高い評価は受けていた。それは、3回戦で日大三に打ち勝って、いよいよその力は本物だといわれはじめた。

 勢いづいた駒大苫小牧は準々決勝では、大会屈指の右腕涌井 秀章(西武-ロッテ)を擁する横浜を堂々と打って倒した。この時点で北海道勢としては1928年の第14回大会に北海中が進出して以来、76年ぶりのベスト4進出となった。準決勝で東海大甲府に打ち勝ち、決勝戦でも春夏連覇を狙う済美と両校合わせて39安打という大打撃戦は逆転に次ぐ逆転というスリリングな内容になったが、最終的に駒大苫小牧が13対10と打ち勝って、初の全国制覇に輝いたのである。

 優勝旗の最北到達地点が、それまでの宇都宮市(作新学院)から東北地方を飛び越えて、一気に津軽海峡まで越えて駒大苫小牧まで伸ばしてしまったのだ。しかも、5試合すべてで2桁安打を記録した。猛打線は脅威だった。

 チームを優勝に導いた香田 誉士史監督は九州の佐賀商出身で、95年に駒大関係者の推挙によって監督に就任した。道内出身者ではないことで、却って北海道という土地の持つ特別性を冷静に受け止め、そこで何をするべきかをより早く理解したことも大きかった。室内練習場などの設備の充実を積極的に働きかけるなどの努力で、早く成果を挙げていった。雪や寒さでグラウンドが使用不可能な長い冬のシーズンにも、室内練習場でボールを使用した練習が可能となり、徹底した打ち込みとウエートトレーニングでパワーをつけていった。

 勢いづいた駒大苫小牧は、翌年もは初戦突破したものの、2回戦で神戸国際大附に敗れたが、は再び快進撃を見せた。初戦で聖心ウルスラに快勝すると日本航空からは13点奪い大勝、鳴門には1対6から7回に5安打を集中させて7対6と逆転勝ち。そして準決勝の大阪桐蔭には延長10回で競り勝って、決勝でも京都外大西に5対3で勝って、48年の小倉以来の連覇を果たした。

 翌春は出場を決めていたものの不祥事で辞退したが、は3連覇を目指して出場を果たす。エース田中 将大(楽天-MLB関連記事)は大会前から注目を浴びる存在となっていた。2回戦は田中が14三振を奪い南陽工を下すと3回戦では青森山田に1対7と序盤で大きくリードされながらも、その後は壮絶な打ち合いを演じて10対9と逆転勝ち。さらに東洋大姫路智辯和歌山と全国制覇の実績がある相手を撃破して決勝進出。決勝では斎藤 佑樹(早稲田大-日本ハム)を擁する早稲田実業と球史に残る熱戦を展開。延長15回引き分け再試合後、翌日の試合で3対4と惜敗して3連覇は逃したものの、この3年間で強い北海道の駒大苫小牧を強烈に印象付けた。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。