第111回 「頑張る選手を近くで見れることが幸せ!」鳥栖商(佐賀)の頑張るマネージャー!2019年06月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 頑張っている姿を近くで見れることが幸せ
[2] 今年の夏は甲子園へ

 春夏通算2回の甲子園出場を誇る佐賀県の鳥栖商野球部。前回の出場は03年の夏だ。その時はベスト8まで進出し、優勝した常総学院に5対1で敗れている。その時以来の甲子園を目指す鳥栖商は今夏一回戦で唐津東と対戦する。今回は、そんな鳥栖商高校野球部を支えるマネージャーにお話を伺った。

頑張っている姿を近くで見れることが幸せ



鳥栖商マネージャー 左から藤中都和さん 鶴野風香さん 吉丸実優さん 溝口麻衣さん

 鳥栖商野球部の部員達を支えるのが、溝口麻衣さん(3年生)、吉丸実優さん(2年生)、鶴野風香(1年生)、藤中都和(1年生)の4名である。

 マネージャーの仕事は選手のサポートだ。選手が手の回らない仕事や飲み物の準備をするのもマネージャーの仕事だ。
そんな縁の下の力持ち達にマネージャーになったきっかけを伺った。

 溝口さんは「三年生10人部員がいるんですけど、そのうちの4人が中学校から一緒で、知ってる人が多くて、その人達や野球部のみんなを支えたいと思ったら、マネージャーが一番と思いマネージャーになりました。」と語る。

 吉丸さんは「同じ学校の人はほぼいないんですけど、誘われて、頑張っているところを一番近くで応援してあげたいなぁと思って。」と語る。

 3年生の溝口さんの一番印象に残っていることを尋ねると、「なりたいと思った理由でもあるのですけど、やっぱ、誰よりも近くで頑張っている姿を見れることが一番入ってよかったと思っていました。」日々の選手たちの努力が忘れられないようだ。

【次のページ】  今年の夏は甲子園へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜隼人vs東京実vs滑川総合【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
常総学院vs浦和学院【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
常総学院vs東海大甲府【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
常総学院vs木更津総合【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
常総学院vs前橋商【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第278回 1998年世代の大学生投手は「松坂世代」「1988年世代」に匹敵する大豊作!世代を牽引する10名と大学再入学の剛速球右腕を紹介【ドラフト特集コラム】
第1022回 2020年の常総学院は一條力真、菊地竜雅のダブルエースだけではない。投打に魅力的な選手が大会に臨む!【後編】【野球部訪問】
第1022回 力強さとしなやかさを備えた選手を作り上げる常総学院の練習メソッド【前編】【野球部訪問】
第1214回 球速は20キロ近くアップ。常総学院の3年間で大きく化けた189センチ右腕・一條力真の歩み 【2020年インタビュー】
第1209回 茨城最速右腕・菊地竜雅(常総学院)は探求心豊か。菊地を変えた2つの敗戦 【2020年インタビュー】
第118回 夏の選手権、代替大会が切っ掛けとなり、高校野球新時代の方向性も見えてきた【高校野球コラム】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第984回 最強の2番打者は、鳥栖商を引っ張るユーリティプレーヤー・園田恵大(鳥栖商) 【2019年インタビュー】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
鹿島 【高校別データ】
唐津東 【高校別データ】
佐賀学園 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
多久 【高校別データ】
鳥栖商 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム